VFC PEQ-15タイプバッテリーケースに
A123 Li-Fe 9.9V 1100mAhバッテリーを内蔵する

VFCのPEQ-15を一目見たときから、
A123 1100mAhセルが入らないかな〜と思い、
内部を採寸したところ行けそうだったので
思い切ってもう1本内蔵用Li-Feを注文しました。

今回も模型のカブース様に製作を依頼し、
1+1+1のセパレートタイプで作ってもらいました。
こちらも前回の2+1セパレートと同じく¥5800でした。
丁度折りたたむと隙間がなくなるようにオーダーしたのですが、
収めるときにマイナス側から伸びるコードが邪魔になってしまい
上下幅を食ってしまいました。

なので、ピッタリ折りたためる寸法よりも
若干中継コードを伸ばして、余裕を持って動かせる
形状でオーダーした方が良かったです。
中継コードを延長して、セル同士が
余裕を持って動けるようにしました。
これで、マイナス側のコードを内側に向けることが出来ます。

延長後は絶縁処理を行いました。
セルを収めてみると、ほんの少しだけ
ケースに隙間が開きます。

当たり具合を見ながら、干渉部分を削っていきます。

ダミーセレクター下部がセルと干渉してたので、
ここを彫刻刀で削りました。

素材は粘りのある生ABSではなく、さくさく削れる
充填剤入りABSの様です。
反対側も削ります。
赤丸部分は、コードの逃げ場所になります。
こんな感じで収まります。
かなりキツキツで、自由に取り外すことは出来なくなりますので
バッテリーケースごと充電する感じになります。
バッテリーキャップから、メインコネクターと
バランサーコネクターを出します。

HYPERIONのバランサーコネクターは幅が広いので
内部に収納できませんでしたが、
コンパクトなコネクターならば内部に収納できるかもしれません。
こんな感じで、PEQ-15に
A123 Li-Fe 9.9V 1100mAhが入りました。

かなりコンパクトでバッテリーの性能も良いので
様々な銃に使えると思います。