KTW WINCHESTER M70 BLACK SHADOW

KTW M70シリーズにおける、シンセティックストックモデルで、
FN社で製造されたモデルを忠実に再現しています。

製造は韓国ドンサン社で行われており、KTWに到着後、一丁一丁試射を行い、
10mで30mm圏内に収まった物だけが出荷されると言う
非常に厳しい品質検査を行っています。
バイポッド、スコープを装着してみた全体像です。
(バイポッド、スコープは付属しません)

アウターバレルが細い為、近年流行のタクティカルライフルに比べると
非常にスマートな印象を受けます。
反対側の画像です。

アウターバレルは削りだしの逸品で、引き抜きパイプと違って
肉厚で、純正バレルに付いているOリングだけで、バレルスペーサーが必要ないのも
大きな特徴です。
アクションの画像です。
刻印類はレシーバー右側面後方、ボルトハンドル前にASGKの文字があるだけで、
他にはありません。

アクションはAPS-2、VSRの様に分割式ではなく、一体成型の
肉厚でヘビーな作りになっています。
ボルトハンドルを上げたときの画像です。
ボルトハンドルセイフティが付いていて、ボルトハンドルを下ろさないと
トリガーを引くことは出来ません。

ボルトハンドル後部についているレバーがセイフティで、使用方法は後述します。
ボルトはブラックフィニッシュされており、目立ちません。
(写真の個体は大分作動させた為、擦り傷が付いています)

ボルトストロークは約92mmとなっています。

ボルトハンドルのロックが少し甘く、撃つたびにボルトハンドルが「ピクッ」と動くのは
要改善ポイントだと思います。
ストックのグリップ部分です。

ストックはMcMillan製の物を型取りした物で、
内部、ベティングこそエアソフトガン専用にアレンジされていますが、精巧な作りをしています。
素材はAPS-2と同じような、グラスファイバー混入樹脂です。

グリップは非常に細身で、日本人の手に馴染み、持ちやすい物となっています。
フロントのチェッカリング部分の写真です。
マウントベースはBadger OrdnanceのWinchester M70 
ロングアクション用にそっくりですが、
レール部分の形状が若干違います。

レール幅は20.9mmで、溝幅は5.18mmでした。
ピカティニーより若干幅が小さい感じです。
マガジンプレート開閉はライブで、ここがマガジン挿入口を兼ねています。
CAWと同じ設計ですが、給弾方式は従来のボルトアクションを踏襲しており、
給弾不良の類は一切無く、確実性ではこちらの方が確実に上です。

残弾が2発残ってしまいます。
逆さまにしてコッキングすると装填されるので、注意が必要です。
マガジンプレートを閉じるとこんな感じです。
トリガーガードは一体成型の金属製になっています。
トリガー部分の画像です。
トリガーにはグルーブが入っており、滑り止めに一役買っています。

トリガーガード前方に見える突起が、マガジンプレート開閉のボタンになります。
レシーバー左側面後部に、ボルトリリースレバーがあります。

ここを目いっぱい押し込むと、ボルトを引き抜くことが出来ます。
ボルトを引き抜くと、こんな感じになります。

戻すのには少しコツが要ります。
まず、ボルトリリースレバーを目いっぱい押し込み、ボルトを入れます。
少し行ったら引っかかるので、そうしたらトリガーを引いてシアを落とし込み、
最後までボルトを戻します。

その後、ボルトリリースレバーを話せばボルトストップがかかるのですが、
ここが少し渋く、なかなか戻らないことがあります。
戻らない時はストックからアクションを外し、ボルトストップを指で押し上げればOKです。
セイフティはボルト後部のレバーを手前に引けばかかります。
この状態でトリガーは引けませんが、目いっぱいトリガーを引いてしまうと
セイフティをオフにした瞬間にシアが落ち、暴発してしまうので
ここも要改善ポイントだと思います。
シリンダーヘッドには、分解する為の穴などは一切開いておらず、
これが改造防止策となっています。

分解する為には、自分で穴を開ける必要がありますが、
十二分に初速は出ている為、あえて開ける必要性は少ないと思います。
ストックを外し、トリガーガードを組み付けた写真です。

トリガーガードとアクションの取り付けは、ストックを挟み込む形になります。
ベティングスクリュー前方はピラーも兼ねた取り付け部分があるので心配は要りませんが、
後方のスクリューはピラーが無く、締めれば締めただけストックに食い込んでいくので
締めすぎには注意が必要です。
アウターバレル根元付近には、ホップ調整ブロックがあります。
VSRではここもベティングを兼ねていましたが、M70シリーズは
軽くストックにタッチしているだけになります。

金色に見えるのがホップ調整スクリューで、1回転15クリック、4回転分調整できます。
調整は非常に細かくできます。

ホップのかかりはやや弱めと言った感じですが、SUS0.28gを使用した時、
水平飛距離で40m近く出せるので、ゲームでも十分と言った感じです。
ストック内部の写真です。
アクションの形状に合わせて内部の構造がアレンジされています。
トリガーユニットの写真です。
トリガーには新旧2種類あり、旧型はVSRと同じ落とし込みシア方式、
新型はAPSシリーズと似た前倒れシア方式となっています。

トリガープルは旧型の方が軽く、切れでは新型が勝ります。

現状では、全て新型のトリガーユニットが入っています。
反対側の画像です。

形状はVSRのトリガーとそっくりです。

ボルトストップとシリンダーリリースレバーが連動しているのが分かります。
トリガーユニットを分解した画像です。

トリガーを引くとシアベースが下に落ち込み、シアとの引っ掛かりが解除され、
シアを開放する仕組みになっています。
丁度、VSRとAPSの仕組みの中間に当たる新しい方式となっています。
アウターバレルはねじ込み式で、完全に最後までねじ込んでから
ロックスクリューをねじ込む方式になっている為、剛性は抜群です。
アウターバレル先端は別パーツとなっていて、ライフリングが再現されています。
インナーバレルの画像です。
写真のインナーバレルは硬質クロムメッキをかけた対磨耗アルミバレルですが、
現行ロットは全て内径φ6.05mmの真鍮バレルとなっています。
バレル長は490mmとなっています。
チャンバーブロックの画像です。
透明なパーツはBB弾逆流防止のストッパーです。

チャンバーはOリングでアウターバレル内に保持され、ガタがありません。
ホップパッキン周りの画像です。
パッキンはホップ突起、気密部分が一体成型となったスリーブ式で、
C型ホップアジャストピースの上下によってホップの強弱を変えます。

金色の真鍮パーツは、ホップアジャストピースとパッキンの間に入るスペーサーです。

バレル下の銀色のパーツはインナーバレルシールリングで、2本の金属パーツです。
しっかりバレルとチャンバーの間に入り、ガタツキを防いでいます。

インナーバレルは芋ネジ固定式です。
あまり強く締めすぎると、命中精度が悪くなります。
C型ホップアジャストピースの画像です。
上のアームで真鍮スペーサーを介してパッキンを押し込むのですが、
アームと真鍮スペーサーの触れる部分の面が斜めになっており、
真鍮スペーサーと偏った点でしか触れていません。

その為、パッキンが偏って押され、遠距離ではほんの僅かではありますが
右曲がりの弾道になりやすくなっています。

ここは命中精度にダイレクトに関わる部分なので、要改善です。
マガジンはスティックタイプのメタルマガジンで、予備を含めて2本付属します。
装弾数は22発です。
20mでの命中精度です。
テスター:Barrett石岡
銃:ノーマル状態、ホップ大体中間
仕様弾:マルイ スペリオール弾0.3g
距離:20m(KTW室内射撃場)

グルーピングは83mmでした。
今度はテスター、高橋さんでのチャレンジです。
グルーピングは70mmでした。
2回とも、着弾点は同じで、高水準のグルーピングです。
箱出しで即スナイパーライフルとして使用できるだけのスペックを持っており、
的撃ち、ゲーム共に使用できる万能銃です。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95.1 94.6 95.0 94.8 94.6 95.0 95.1 95.0 94.5 94.7
平均値 最高値 最低値 高低差
94.8 95.1 94.5 0.6
使用弾速計:Combro cb-625
使用弾:マルイ0.2g

初速は非常に安定しており、高低差0.6には驚かされました。
これ以上上げる必要が無いほど、十分に初速は確保されています。

総評
細かい改善点は何点かありますが、非常に高いレベルで纏まっている一丁です。
外観も非常に良く、値段に恥じることの無い出来となっています。
現行ボルトアクションタイプエアソフトガンの中では、間違いなくトップクラスの性能を誇ります。
ゲームに良し、お座敷に良し、眺めて良しの3拍子揃った一丁です。
価格:\65000 全長:1140mm
重量:2842g(スコープを除く) バレル長:490mm
装弾数:22発 発射方式:ボルトアクション エアコッキング
ホップタイプ:可変ホップ 外部:幅20.9mmマウントベース
サイト:無し