CAW M24(初期ロット+アップデートパーツ)

CAWから発売されているM24の初期ロットモデルにアップデートパーツを組み込んだ物です。
初期ロットは給弾不良を初め、トラブルの塊で、まともに動作させることすら
ままなりませんでしたが、調整してあげれば快調に動きます。

現行ロットではシリンダーリリース機構がオミットされています。
CAW M24の特徴は、現在モデルアップされているエアソフトガンM24の中で
唯一ロングアクションレシーバーを再現しているところです。
レシーバー側面には、ピープサイトをマウントするリアサイトマウントが付いていますが
ピープサイトがリリースされていない為、ただの飾りとなっています。
ストックはタナカと同じ硬質のプラで、叩くと良い音が鳴ります。
バットプレートはねじを回して長さを調整できます。
レシーバー右側面の画像です。
ストックもロングアクションに合わせて、エジェクションポートの切り欠きが延長されています。
マガジンは写真の位置から挿入します。
実銃ではメンテナンス以外開けない場所ですが、
うまい具合に機構を組み込んでいます。

トリガーガードはトリガー前方のラッチでフォロアープレートを開ける
ダコタタイプを再現しています。
初期ロット+アップデートパーツの場合、トリガー付け根前にある
ボルトリリースを押すことにより、ボルトを抜き取ることが出来ます。

現行ロットでは、強度に問題があるとされ、オミットされています。
トリガー付け根にある四角い部分がボルトリリースです。
ボルトを戻す際は、ボルトリリースを押しながらトリガーを引き、
シアをフリーにした状態にしてから戻します。
トリガーメカは概観もリアルで、基本構造がAPSトリガーなので
プルも良好です。
前方にあるのが前倒れ式シアで、後ろにある突起がボルトストップです。
ボルトリリースを押すと、このようにボルトストップが下に下がります。
ボルトは黒いメッキのかかった真ちゅう製で、肉厚が薄い為
ぶつけたり、曲げてしまわないように注意が必要です。
CAWのロングアクション&マガジン位置を可能としたのが、
このBB弾キャリアー機構です。
ボルト内部にBB弾を2発保持し、前進したときに1発だけチャンバーに装填し、
最後部まで引ききった時にマガジンから次の1発を受け取る構造です。
このように、BB弾が装填されています。
これは、キャリアーが前進して、BB弾がこぼれないように保持している状態です。
ボルトをチャンバー位置まで押し込まないと、キャリアーはこの位置にいます。
キャリアーが後退した画像です。
チャンバー後部とキャリアーが接する事により、写真の位置までキャリアーは後退し
中央のノズル部分に取り残されたBB弾がチャンバー内へ誘導されます。
この時、キャリアー内にBB弾が1発入ったままになっています。
給弾口の画像です。
写真は給弾不良を直す為、給弾口後部を潰して押し下げ、磨いています。
この穴からBB弾がキャリアー内に入ります。
ボルトを最後部まで引ききると、写真の位置にキャリアーが現れます。
この時初めて、マガジンからBB弾が流れ込みます。
CAW M24一番の問題がこの「弾噛み」です。
キャリアー内にBB弾が押し込まれた際、給弾工とレシーバーの隙間に
BB弾が挟まってしまい、ボルトを戻せなくなります。

これを解決するには、BB弾が2発キャリアー内に装填されたとき、次に上がってきている
3発目が給弾口に引っかからないように、給弾口の角度を調整したり
磨いて滑らかにしなくてはなりません。
ボルトのストロークが長く、顔に届く位(握っている手は顔に当たります)の
ロングアクションを再現しています。
ホップは可変ホップですが、シリコンチューブをイモねじで直接押しているだけで、
セッティングが決まれば綺麗に飛びますが
耐久性に欠け、締めすぎると一発でパッキンが千切れます。

これは別コーナーで掲載しているホップ改良で解決でき、
遠射性能も飛躍的に向上します。
ストック前方に2箇所、後方に1箇所、バイポッドやスリングスイベルを取り付ける
アダプターが付いています。
ここに各種バイポッドなどを取り付けられます。
マズルはステップドクラウンで、インナーバレルはアウターの2/3位までしかなく、
後はスリーブになっています。
私が弄らせてもたっら個体は、ストックが歪んでおり、写真のように
左右で隙間が違います。
ここは購入時にチェックが必要です。
価格:\41790(税込) 全長:約1100mm
重量:約3350g バレル長:400mm
装弾数:35発 発射方式:ボルトアクション エアコッキング
ホップタイプ:可変ホップ 外部:20mmマウントベース 各種アダプタ3箇所
サイト:無し 初速:92m/s(MAXI0.2使用)