CAW M1014

ドッグファイターさんに取材させていただきました。
ドッグファイターさん、ありがとうございました。

CAWから発売されたエアコッキングガンで、実銃はショットガンですが
単発エアコッキングガンとしてモデルアップされました。

M1014はアメリカ海兵隊の採用名称で、一般にはベネリ M4として知られています。
スライドストックを備え、シューターの体格によって調整でき、
折りたたんでコンパクトにすることも可能です。
標準で20mmマウントベースが装備されており、各種光学機器を搭載可能です。
マウントベースは内部フレームに固定されており、取り付けは強固です。

また、マウントベースの一番前のねじが可変ホップの調整ねじになっています。
トリガー周りの画像です。
セイフティはクロスボルト式で、押し込んでセイフティONとなります。
トリガープルはプラスチック感がして、落ちるまで若干ストロークが長いのですが
プルは軽く、使いやすいレベルです。
スライドストックはチークパッド側面のボタンを押しながら
写真の様に若干右方向へひねり、前後に動かします。
結構動きが渋く、慣れが必要です。
バットプレートにはベネリマークが入っています。
バットプレートはゴム製ではなく、もろにABSなので、肩付け感がかなり硬いです。
マズル周りの画像です。
インナーバレルは先端まで延びています。
サイト周りの画像です。
サイトはゴーストリングサイトで、フルアジャスタブルとなっています。

しかし、位置があまりにも低く、ストックをいっぱいまで伸ばして
チークの位置を一番低くした状態でも、ストックに強く顔をつけなければ覗けません。
光学機器を装着することを前提としたデザインなので、あくまで補助的な物となっています。
コッキングはフォアグリップを前後させて行いますが、
実銃では動かない部分なので、結構違和感があります(^^;

フォアグリップとレシーバーのクリアランスが結構きつく、
コッキングを繰り返しているとレシーバー側面に擦り傷が付いてきます。
レシーバー側面の画像です。
エジェクションポートは無稼動です。
マガジンは実銃同様、ローディングゲートより挿入します。
ローディングゲートはトリガー前のロックレバーを手前に引くと開きます。
マガジンはこのようなカセット型で、装弾数は29発です。
出し入れがきつめで、こちらも操作に慣れを要します。
スライドストックのアップ画像です。
かなり凝った作りで、操作感、取り回しは抜群です。

気になる実射性能ですが、弾道、命中精度はかなりのレベルで、
20m先の直径150mmのプレートに十分収まるだけのグルーピングです。
(MAXI 0.2g使用)

ホップも調整次第で、素直に伸びるゲームに適した弾道にすることができ、
箱出しで即使えるCA870と言った印象でした。
ショットガンとしてではなく、光学機器を載せてスナイパーライフル感覚で使える一丁です。
価格:\27090(税込) 全長:1005〜890mm
重量:2400g バレル長:448mm
装弾数:29発 発射方式:ポンプアクションエアコッキング
ホップタイプ:可変ホップ 外部:20mmマウントベース
サイト:フルアジャスタブル ゴーストリングサイト 初速:86.5m/s(MAXI0.2使用)