KM ATOZ ドラグノフ フルセット

KMが韓国のATOZ社から輸入していたエアコッキングガンですが、
肝心のATOZ社が倒産、現在流通在庫のみとなってしまいました。

貴重なドラグノフスタイルのエアソフトガンで、
KMのものはボルトを一回一回コッキングする
エアコッキングガンになっています。
反対側の画像です。
とにかく細長いと言うのが第一印象です。
レシーバーの上下、左右共に幅が狭く、電動化はよほど気合を入れるか
専用ユニットを作らないと無理っぽいです。
通常のAKと比べ、レシーバーが前後に長いのが特徴です。
使用弾丸は7.62×54Rと言う、AK47より少し長い弾丸を使用します。
よって、マガジンはAK47より前後幅が大きくなっています。
本物のストックは合板製ですが、これは木目プリントを施したプラ製です。
しかし、プラに木目のモールドを施してあり、かなり良い質感となっています。

チークパッドはワイヤーバンドで固定するタイプで、
下が木、上が革張りになっています。
ハンドガードも然りで、木目プリント&モールドのプラ製です。
ボルト内部にシリンダーを設けており、
これをコッキングすることによって、発射可能状態となります。

少し引くと、チャンバーが姿を見せます。

ホップはイモネジ直押し式で安定性が悪く、
また、パッキンもノズルの入る気密部分が極太で、
径の小さな弾でないと給弾不良を起こしてしまいました。
銃口部分です。
表面は塗装ですが、うっすら青みがかったガンブルーチックな塗装で
雰囲気は抜群です。
タンジェントサイトは上下に稼動します。
フロントサイトはハイダー部分とモールドで、
左右の調整はできません。
金型のエジェクターピンの後がモロに残っていたりと、
外観はマイナス点です。
スコープはベラルーシ製の4×24が付属してきました。
レティクルは有名なシモノフレティクルです。
しかし、視度調整できないわ、あまり像が明るくないわで
ちょっと微妙なスコープでした。
価格:\113400 全長:1220mm
重量:3200g バレル長:????
装弾数:25発 発射方式:エアコッキング
ホップタイプ:可変ホップ 外部:専用サイドマウント
サイト:タンジェントサイト