東京マルイ SIG P226 RAIL

マルイから満を期して発売されたP226です。
パッケージにはSEALSのエンブレムが印刷されており、
特殊部隊ユースをアピールしています。
中身はシンプルにまとめられており、
いつものBB弾は左の台紙の下に入っています。

クリーニングロッドは押し出し側が丸いタイプになっています。
P226はスピードタイプのブローバックを謳っており、
その謳い文句に恥じることの無い、軽く、非常に早いブローバックを実現しています。
リコイルの軽さは同社M92F位で、スピードはG26の様な感じです。
トリガーはSIGらしく、結構遠めです(管理人の感覚では)
DA、SA共にトリガーは少し重めで、暴発を考慮すると
軽すぎず重すぎずでバランスが取れていると感じました。
ホールドオープン時の画像です。
(リコイルSPが白くなっているのはオイルに光が反射した為です)
ITIのM6を装着させてもらった画像です。
ノーマルではガタガタなので、詰め物が必要との事でした。
ノズルはいつもの下切り欠きタイプです。
ノズルが少し見えているだけで、ホールドオープン時に
目立つ物は特に無いです。
スライド左側面の刻印です。
スライドストップとでコッキングレバーの画像です。
スライドストップは日本人の手でも操作しやすい場所で
スライドストップの解除、デコッキングは全て右手で操作できます。

デコッキングは完全ライブで、ハーフコック位置でストップします。
左側面の刻印です。
こちらはエアソフトガンであること、マルイ製品であることの刻印がメインです。
グリップはシボ加工が施されたプラ製の2ピースグリップです。
実銃用グリップは取り付けに加工を要するとの事です。
マガジンは従来のノックピン止めではなく、
ボトムとトップの2ピースになっています。
パーツ点数を少なくするのと、ロングマガジン等のアフターパーツを
考慮してのことでは?と思っています。
(装弾数制限時のマガジンを再現との事も、、、)
弾はダブルカアラムで装填され、装弾数は25発です。
フォロアーを一番下まで下げると弾を流し込めます。
内部でフォロアーが少し引っかかる感じがあり、
スムーズ動作とまでは行きませんでした。
バルブ、放出口はいつも通りの形状です。
リップは相変わらず固めです。
マガジンバンパーはマガジンと一体になっており、
下から六角ねじで止められています。

冷えに強く、1マガジン連射しても若干サイクルが落ちる程度で済みます。
M92Fの頃に比べると、エンジンの性能も格段に上がっています。
本来はマニュアルセイフティの無い機種ですが、
マルイのP226はテイクダウンレバーを
右から押し込むとマニュアルセイフティがかかるようになっています。
スライドストップがスライドではなく、内部のブリーチにかかる為
ブリーチはかなり長めの物になっています。
この方式のおかげで、本体が削れることなく
スライドストップ、リリースが可能となりました。
(内部のブリーチはもちろん磨耗しますが、プラより耐久力はあります)
ホップはG26、ハイキャパと同じ機構で、
テンショナー、パッキン共に同タイプの物を使用しています。
スライドストップはこのような構造になっていて、
支店から少し距離がある構造になっています。

私が購入した個体はマガジンが30℃近辺まで暖かくなると
ブローバックが速すぎるのか、スライドストップがかかりきれませんでした。
200発前後発射し、アタリが取れてくるとこの症状が治まったため、
スライドストップの動作が若干渋かったようです。
30mでの10発グルーピングです。
(右端に2発入って、合計10発です)

使用BB弾はマルゼンSGM0.29g、最大ホップですが若干射角をつけています。
プローンして、バッグにレスとしての射撃で、10発226mmでした。

G26の頃からですが、下手な長物を凌駕する凄まじいグルーピングです。
光学機器を併用すると100mm台に乗るでしょう。

謳い文句の一つ、30mヘッドショットは余裕でクリアしています。

パーティングもうっすら残っており、質感はあまり良いとは言えませんが
実射性能に関しては他社の追随を許していません。
サバゲ、シューティング共に「使える」ハンドガンと言えます。
価格:\14800 全長:196mm
重量:約797g 初速:70.5m/s(室温20℃、SUS0.2g使用)
バレル長:97mm 装弾数:25+1発
発射方式:SA/DA ホップタイプ:ダイヤル式可変ホップ
サイト:オープンサイト(ホワイトダット入り) 外部:20mmレール
動作の動画