TANIO・KOBA USP 40 TACTICAL SD

TANIO・KOBAから発売されていたUSPのカスタムモデルです。
残念ながら現在生産拠点を海外に移しており、
国内では流通在庫のみとなっています。
旧モデルからのグレードアップ版に位置づけられるモデルで、
各部に新型パーツが盛り込まれており、性能が上がっています。

旧モデルも、この新型パーツを組み込む事によって
TACTICAL SDと同じ仕様にすることもできます。
ホールドオープン時の画像です。

スライドにはTANIO・KOBAお得意の「フェイクメタル樹脂」と言う
ヘビーウェイト材が使われており、独特な質感と重量があります。

アウターバレル先端に見える赤いOリングは、スライドとバレルの
勘合精度を高める目的でつけられた物なのですが、
このモデルでは残念ながらガタがあり、完全固定までは行きませんでした。
反対側の画像です。
TANIO・KOBAのエンジンは、残念ながらホールドオープン時
エジェクションポートからノズルが見えてしまいます。
ハンマー、セイフティ周りの画像です。

アクションはシングル/ダブルで、ハンマーの落ちたポジションからも
発射することが出来ます。

画像はハンマーが起きている所になります。
ハンマーが起きている状態でセイフティを上に上げると
コック&ロック状態になり、素早い射撃が可能になります。
反対に、下に押し下げるとデコッキングとなり、
ハンマーがダウンポジションまで落ちます。

このように、セイフティレバーがデコッキングも兼ねている
構造になっています。
フレーム前方には、USP独特の規格のレールがついています。
専用アクセサリしか搭載できませんが、
後述するレイルアダプターをつける事により、
汎用規格のアクセサリも搭載可能となります。
エジェクションポートにはHKのロゴ、口径、プルーフマーク等が入ります。
フレーム刻印はオリジナルで、このUSPはHK製ではありませんと入っています(笑)
USPやSOCOMに見られる独特のアンビマグキャッチもしっかり再現されています。
マガジンは少し強く押し込んで、ロックがかかる感じです。
サイトピクチャーです。
サイレンサー使用を前提としており、ハイタイプの物が採用されています。

ホワイトドットは非常に鮮明で、照準しやすいです。
付属のレイルアダプターの画像です。
これを装着することにより、汎用規格のアクセサリを装着できます。
画像はM3タイプライトを装着してみたものです。
ロックはしっかりかかり、ガタツキは少ないです。
マガジンは亜鉛ダイキャストの一体成型物で、
旧型に比べて熱効率が良くなっています。

装弾数は公称では20発ですが、実際23発まで入りました。
フィールドストリップした画像です。
スライドストップを抜くだけで、ここまで簡単に分解できます。
フレーム側の画像です。
トリガーバーがディスコネクタを兼ねており、
スライド後退と同時にバルブノッカーが徐々に引っ込む
とてもシンプルな構造になっています。
エンジンの画像です。
部品点数が少なく、こちらも非常にシンプルな構成となっています。

作動方式は負圧切り替え式ブローバックです。
バレルはショートリコイルせず、シンプルブローバックとなっています。
サイレンサーを取り付けたときの作動不良を考慮してのことだと思います。

サイレンサージョイント部分が金属になっており、ネジ山の破損防止に
一役買っています。

ホップはバレル後方、銀色の部品下にあるネジを回して調整しますが、
調整が非常にピーキーで、難しい物になっています。
5mでのグルーピングです。
2ハンド、スタンディング、レスト無し、SUS0.2g使用、
5発×3回のグルーピングで40mm、48mm、48mmとなりました。

マルイハンドガンと比べると少し広がる傾向にありますが、
それでも良く当たるレベルです。

ちなみに、インナーバレルはツイストバレルが採用されています。


動作の様子はこちら(MPEG4)
価格:\18900(税込) 全長:209mm
重量:900g(マガジン込み) 初速:76.3m/s(室温24℃、SUS0.2g使用)
バレル長:???? 装弾数:23+1発
発射方式:SA/DA ホップタイプ:ねじ調整式可変ホップ
サイト:オープンサイト(フロント左右、リア上下左右調整可) 外部:専用レール(アダプタにより、21mm幅汎用レール)