WA M1934

テナーサックスさんの投稿インプレです。
紹介文はテナーサックスさんから送られた物を掲載します。

某アニメでも出てきたベレッタの小型拳銃M1934です。
持った感触はHW材と金属製グリップのおかげで非常にズッシリした感じでGoodです。

WAのホップというと、例のバレル下部からホップパッキンに押し付けるものでイマイチでしたが、
M1934は固定ホップになり下から押し上げる忌々しいゴムが存在しません。
ホップパッキンで弾を保持→バレル内でホップパッキンで回転をかけるので、
比べたところKSC:SIG-P232HWと同程度のグルーピングは出ました。
また、各部が慣れてくると近距離でマルイG26並みのグルーピングが出ます。
インナーバレルがノーマルで内径6.03とかなりタイトです。
 
マガジンはワルサーP38やSIG-P230の様にグリップ底のツメで保持するタイプです。
弾を全て撃ちつくしても現行のオート拳銃のようにスライドストップはかかりません。
通常分解をするために、銃をセフティレバーを反対側まで回してスライドを引くと写真のようにスライドストップがかかります。
価格:¥14800 全長:149mm
重量:約590g バレル長:????
装弾数:20+1発 ホップタイプ:固定ホップ