WA S.C.W WILSON CQB ODフレーム
(写真の物は専用アンビセイフティ、マグウェルを装備しています)

取材に協力していただいたクボサワさん、ありがとうございます。

WAのガバメントがリニューアルし、
そのメカニズムを搭載した新WILSON CQBです。
スライド側面の刻印です。
左側には「WILSON COMBAT」
右側には「CQB」
と、至ってシンプルです。

フレームのODカラーは独特の色合いで、
実物のカラーを可能な限り模しているそうです。
スライド右側面です。
チャンバーは艶のあるクロムメッキタイプです。

スライドストップは脱落防止機構が付いており、
従来より抜けにくくなっています。
アウターバレルはアルミ製で軽量です。
内部にはライフリングが再現されていますが、
削った後のバリ取りが施されておらず、素手で触るのは危険です。
(この個体だけかもしれません)
サイトはノバックのロープロファイルタイプで、
ホワイトが入っており狙いやすくなっています。
新ホップ機構です。
下からプランジャで突き上げる方式ではなく、
上からパッキンを押し付けるタイプに変更されています。

ホップ調整はホールドオープン状態から
六角レンチを入れて行ないます。
ホップパッキン押し付け用の部品です。
支持部が2点になっています。
突き出したパッキンはこのように、凸型ではなく凹型で
BB弾を包み込むようになっています。

しかし、やはりBB弾ホールド位置との距離がありすぎて
弾道の左右安定性は旧型より若干良くなった程度です。

突き上げ方式をやめたことにより、上下安定性は
格段に向上しています。
スライドを外し、ハンマー周りを見たところです。

フレーム後端にピンが打ってあり、
スライドのガタを押さえる役割を果たしています。

ハンマーにはトランスファーシステムと呼ばれる構造が採用されており、
旧型のようなハンマーダウン状態でプラプラ遊んでいると言う事が無くなりました。
ハンマーもビシッと落ちてフィーリングは良好です。
トリガー周りです。
トリガーは3ホールのブラックタイプで、従来通りストローク調整ができます。
グリップ部です。
メダリオンは本物をはめ込んでいるとの事です。
グリップはプラにラバーコートした物で、滑りにくくなっています。
スライドを外し、上から観たところです。
旧型と比べ、だいぶ構造が変わっています。

摺動部分まで分厚い塗装が入り込んでいる為、
箱出しでは少し引っ掛かる感じがあります。
10mでのグルーピングです。計測条件は、、、
距離:10m
場所:自宅裏半屋内レンジ
使用BB弾:トイテック0.2g、0.25g
ホップ状態:0.25g使用、20mでギリギリ浮き上がらない状態から4クリック戻す
射撃体勢:米の入った土嚢にレスト。射手は椅子に座る
気温:10℃
パワーソース:ライラクス ハイバレットガス(HFC134a)
射撃間隔:5秒置き
照準:6時照準
風速、風向:肌に感じる風無し

トイテック0.2gでは166mmでした。
上記計測条件でBB弾をトイテック0.25gに変えました。
10発116mmでした。

実射性能ですが、弾道の左右ばらつきはまだありますが
上下偏差が少なくなっています。
0.25gを使用してホップを適正より少し低めにしてやれば20m以内では安定します。
ブローバックも非常に鋭く、反動の重さそのまま、
スピードがマルイのガスブローバック並みになっています。

燃費は満チャージで約40発。ガスが無くなる寸前まできっちり撃てます。
価格:¥26000 全長:216mm
重量:約870g バレル長:????
装弾数:15発+1発 初速:71.43m/s(トイテック0.2g、気温20℃、10発平均)
ホップタイプ:可変ホップ 発射方式:シングルアクション ガスブローバック
外部:無し サイト:オープンサイト(ノバックタイプ)
空撃ち動画(約300k、気温20℃室内にて)