WA デザートウォリアー

WAから発売されている、キンバーのカスタムモデルです。
レイルドフレームと、サンドベージュカラーが特徴的な一丁です。

スライド、フレームはHW樹脂で、
サンドベージュカラーの塗装仕上げになっています。
実銃は2005年のShot Showでお披露目されており、
海兵隊納入モデルをさらに改良した市販モデル、と言う位置づけになっています。

全体像を見ると、通常の1911と比較して、随所にカスタムパーツが
使用されているのが分かります。
アウターバレルは真鍮製で、メッキ仕上げになっています。
この状態からは見えませんが、スライドのレールと擦れ合う部分に
ベアリングが埋め込まれていて、高速作動に一役買っています。
マガジンはウィルソン刻印の入ったマグバンパー付きの物になっています。
装弾数は23+1発で、シングルカアラム(内部はダブルカアラム)ながら十二分な
装弾数を確保しています。
フレームには、TLE/RL Uで採用された特徴的な形状のレールがあり、
各種アクセサリが装着可能となっています。
スライドにはメーカーであるキンバーの刻印が刻まれています。
サンドベージュカラーの本体に、所々に散りばめられた
黒色のパーツが特徴的です。
グリップはG10 タクティカルグリップと言う
長丸が沢山並んだようなグリップになっており、
抜群の滑り止め効果を発揮しています。

これにより、素手で握っても滑りにくくなっています。
サイトはノバックタイプで、サイドにセレーションが入った物を装備しています。
サムセイフティはアンビ、ビーバーテール&波型チェッカリングの
グリップセイフティ等、カスタムパーツがてんこ盛りになっています。
チャンバーカバーの刻印は、シンプルに.45 ACPで、
残弾確認用の小さな窓も、しっかり再現されています。
サイトピクチャーです。
3点のホワイトが入っていて、視認性は高いです。
右側面の刻印郡です。
スライドにはシンプルにDESERT WARRIORと入っており、
フレーム側にはメーカーや所在地が入っています。
スプリングハウジングのチェッカリングも深めで、
滑り止めに一役買っています。
グリップエンドにはランヤードリングを取り付ける為のリングが装備されています。

エンジンはSCWのVer3で、固定ホップバレル、
新型シア&ディスコネクター等を装備しています。
トリガーは軽めで、キレもなかなかのレベルです。

この個体はホップがかなり強く、0.25gでも空高く舞い上がってしまう位でした。
フラットな弾道を得るには、もっと重い弾か
ホップを弱める加工が必要となりました。
価格:¥27000 全長:約221mm
重量:約890g(マガジン込み) バレル長:????
装弾数:23発+1発 初速:????
ホップタイプ:固定ホップ 発射方式:シングルアクション ガスブローバック
外部:ピカティニー規格 アンダーレール サイト:オープンサイト(ノバックタイプ)