東京マルイ 電動ブローバック G18C

マルイ 電動ブローバックシリーズ初のフルオート機能を搭載した機種です。
(入ってきたカタログ、古すぎです ^^;)
スライドは一体、フレームがモナカと言う構造です。
グリップ内部に電池、モータ、ギア等が組み込まれています。
作動方式は電動ガンと同じラックギア方式です。
トリガーガード付け根にグリップセイフティがあります。
これを押しながら出ないと、トリガーを引いても動作しません。
スライドにはしっかりグロック社の刻印が入っています。
スライドはサンドブラストをかけたかのような
マット仕上げとなっています。

アンダーレールは20mmで、各種オプションが取り付け可能です。
ただ、取り付けるとセミ/フル切り替えが出来なくなります。
セレクターはダミーで、スライドと一体化しています。
この他にもスライドストップやマガジンキャッチ等、
様々な所が一体成形となっています。
グリップ内に単4電池4本が入ります。
左側から長く伸びているのがマガジンで、
装弾数はシングルカアラムの17発です。
スライド後退量は写真の通りです。
スライドスピードが遅い為、ガスブローバックの様な衝撃はありませんが
撃っていて非常に楽しいギミックです。
エジェクションポートもライブです。
スライドが後退すると、シリンダーが見えます。
シリンダーのノズルは下が切り欠きのタイプになっています。

バレルはアルミ製で、内径6.15mmのルーズバレルです。
ホップパッキンはエアコッキングと同じ物です。

0.12gではホップが強く、浮き上がって失速、落下と言う感じです。
セキトーの0.17g辺りが丁度良いと思われます。
エジェクションポート、実はショートリコイルしています。
バレル自体は稼動しませんが、ちょっと嬉しいギミックです。
マグナポートも開いています。
フレーム先端下部に、セレクタープレートが付いています。
これを切り替えることにより、セミ/フルが撃ち分けられます。

位置の都合上、ライト等を取り付けると操作が出来なくなります。
価格:\3200 全長:210mm
重量:330g(電池、マガジン込) 装弾数:17発
作動方式:電動ブローバック セミ/フルオート バッテリー:単4電池4本
バレル長:????(内径6.15mmアルミバレル) ホップ:固定ホップ
サイト:オープンサイト 初速:33.42m/s(MAXI 0.2g使用、10発平均)
外部:20mmレール 動作の動画