東京マルイ 電動M14 ウッドストックモデル

G&Gの後発となる形になりましたが、マルイから待望のM14が発売されました。
ウッドストックモデル(塗装)と、ODタイプの2種類がモデルアップされ、
今回はウッドストックモデルのインプレです。
レシーバー側面の画像です。
実銃で金属の部分はそのまま金属で再現されており、
長物なのに軋みが殆どありません。
レシーバー左側面です。
細かいパーツもモールドでは無く別パーツで再現されています。
先端のフラッシュハイダーも非常に作りが細かいです。
取り外すとM14P1逆ネジが出てきます。
マガジンキャッチ回りの画像です。
マガジンはG3やAKの様に、一旦前を引っ掛けて
全体を固定するタイプなので、多少慣れが必要です。
ホップダイヤルはマガジンキャッチ前方に隠されています。
マガジンをつけたままでも調整できます。
ボルトを引いた時の画像です。
ボルトはフルストロークで稼動します。
こちらは閉じている時の画像です。
ロータリー部もしっかり再現されており、
作動音がまた堪りません。これだけでご飯3杯行けます。
セレクターです。
回転方向によってセミフルの切り替えを行いますが、
パーツが小さい上にダイキャストなので、強度的にちょっと不安なところです。
トリガー部の画像です。
写真はセイフティONの状態です。

トリガーは電動ガン初、クリック感のあるトリガーフィーリングを売りにしていますが
落ちる瞬間、何か引っかかるような感じがあるだけで、
シアが落ちると言うようなしっかりした物ではありません。
スリングスイベルが標準装備されているので、
写真のようにスリングをつけることが出来ます。
バットプレート部のショルダーレストは展開可能で、
射撃時に肩にかけることが出来ます。
クリーニングキットの入る部分がバッテリー収納スペースになっています。
ラージバッテリーに対応していますが、非常に狭く
収納には慣れが必要です。
リアサイトの画像です。
リアサイトは上下左右共にフルアジャスタブルです。
レシーバー後部には各種刻印が入っています。
テイクダウン開始時の写真です。
トリガーガードを抜くと、アクションとストックが分離できます。
このように、アクションが丸ごと外れます。
配線はストック内に残ったままなので、
取り出すには細心の注意を払う必要があります。
メカボはVer.7です。
従来のメカボに比べ、大幅な小型化に成功しています。

初速は非常に高く、箱出しでマルイ製品中1、2を争うほどです。
また、計測時に1回だけ102m/s(0.2g)を記録しました。
初速が高い為、レギュオーバーになる可能性があります。

弾道はいつもながら素直で、メカのイズが他の機種に比べかなり静かです。
今回で小型メカボも形になったので、今後の展開も楽しみです。
価格:\45800(税抜き) 全長:1127mm(ショルダーレスト収納時)
重量:3850g(バッテリー無し) 装弾数:70発
作動方式:電動セミ/フル バッテリー:ラージバッテリー
バレル長:500mm ホップ:可変ホップ
サイト:オープンサイト 初速:95m/s(SUS 精密0.2g)
外部:M14P1逆ネジ