東京マルイ 次世代電動ガン M4A1 SOCOM CARBINE

ATF先任隊員さんに取材させていただきました。
ATF先任隊員さん、ありがとうございました。

マルイ 次世代電動ガンM4シリーズ第二弾で、
スタンダードなM4A1をモデルアップしています。

第一弾のSOPMODではクレーンストック内に専用のワンタッチバッテリーを
装着する形をとっていましたが、今回のM4A1は従来品と同じく
ハンドガード内にミニバッテリーを入れる方式を取っています。
レシーバーはアルミダイキャスト製で、
実銃同様のテイクダウンはできませんが剛性は抜群です。

内部にはおなじみ「シュート&リコイルエンジン」が搭載されており、
発射のたびにリコイルが発生し、ボルトカバーが動きます。

ボルトストップ機構も採用されているので、
ノーマルマガジンにて弾を撃ち切った時にストップ機構が働き、
トリガーを引いても作動しなくなります。

弾の入ったマガジンを入れ、ボルトストップを押し込むと
再び撃てるようになります。
反対側の画像です。
チャージングハンドルを引くとボルトカバーが後退し、
ホップ調整が可能です。

ホップ調整はSOPMODから採用されたドラムクリック式となっていて、
従来のダイヤル式に比べ微調整が効き、緩むことがありません。
レシーバーの刻印です。
SOPMODと同じ刻印となっています。

SOPMODと同じく、刻印の深さは上下でマチマチでした。
セイフティ周りの刻印です。
その反対側には、生産国とメーカー刻印、ASGK刻印が入っています。

レシーバーの勘合精度は高く、ぐらつきがありません。
ストックは6ポジションで長さの調整が可能です。
ストックチューブ内にはリコイルメカが入っており、
大型の重りが発射に応じて前後する仕組みになっています。
一番伸ばした状態です。
キャリングハンドルは従来品と同じくプラ製となっています。
グリップも従来品と同じです。
モーターが入っている分、リアルサイズより太めですが
そこが意外と握りやすかったりします。

逆にリアルサイズより、馴染みのある太さかもしれません。
フロントサイトにはスリングスイベルが着いており、
左右に向きを変えることができます。
バッテリーは専用品ではなく、広く普及しているミニバッテリーを使用します。
ハンドガードを上下に分割し、その中に入る方式は従来品と同じです。

アウターバレルはアルミの一本物となっており、
下部はバッテリースペースの都合上、カットされています。
キャリングハンドルを外すとフラットトップレールになっています。
SOPMOD同様、プリントでナンバーが入れられています。
動かしてみた動画です。
初速はマルゼン0.2gで適正ホップ時、約94m/sとかなり高い値をマークしています。

非常に弾道も安定しており、動画の通り一直線になって綺麗に飛んで行きます。
SOPMODはフルカスタム版と言う感じでしたが、今回のM4A1はスタンダードな素体、と言う印象です。
これをベースに拡張するのも良いと思います。非常に使い勝手の良い一丁でした。
価格:\52290(税込) 全長:777〜854mm
重量:2970g 装弾数:82発(多弾数マガジンで約420発)
作動方式:電動セミ/フルオート バッテリー:8.4Vミニバッテリー
バレル長:364mm ホップ:可変ホップ
サイト:オープン(リアは上下左右、フロントは上下調整可能) 外部:M14P1逆ネジ、ピカティニー規格レール