東京マルイ 次世代電動ガン G36K

大将さんにお借りいたしました。大将さん、ありがとうございます。

東京マルイ 次世代電動ガンの第7作目にあたり、
初のG36系次世代電動ガンです。
今回はG36シリーズでカービンサイズに当たる「G36K」を
モデルアップしています。今作の特徴としては

・マガジンをスタンダードと共用にした
・3倍スコープ標準装備
・ガスピストンが動くギミックを搭載
・ボルトストップ機構はオミット

が挙げられます。
G36K

G36はH&Kが開発したアサルトライフルで、金属の内部メカに樹脂系のフレームと言うハイブリッド構造の先駆け的存在でもあります。
フルサイズからカービンサイズ、SMGに近いコンパクトモデル、果てはスナイパーライフルまで幅広いバリエーションを持ち
ドイツ軍をはじめ、ミリタリーから法執行機関まで様々な部署に配備されています。

今回モデルアップされたのは、カービンサイズに当たる「G36K」で、正式には改良型の「G36KA2」になります。
Kはドイツ語で「Kurz」、短いと言う意味で、フルサイズが18.9インチ(480mm)に対して12.5インチ(318mm)となっています。
G36Kも数種類あり、以下のバリエーション等があります。

G36K ハンドガードに3面レール無し。HENSOLDT製スコープとリフレクスサイトが一体になったキャリングハンドル(HKV)を採用
G36KV (V = Variant 異型の意味) ピカティニーレールのみのキャリングハンドルに伸縮&折りたたみストックを装備したモデル
G36KA1 KAC製RASを装備し、ピカティニーレールのみのキャリングハンドルを装着したモデル
G36KA2 G36Kのハンドガードに着脱式3面レールを装備し、HKVのリフレクスサイトをピカティニーレールに置き換えた物を装備
付属品一式です。
取り扱い説明書、注意書きやアンケートはがき、
ローダー、クリーニングロッド、六角レンチ、マズルキャップ等です。

取説の実銃解説、特に光学サイトの説明が殆どWiki通りでした(^^;
全体像です。
キャリングハンドルがある為、上下幅が広く
独特な雰囲気をかもし出しています。
側面には様々な刻印がモールドで入っています。
本体にはG36KA2の刻印が入っています。
この部分の刻印がドイツ語で、他が英語と言う
なんだか不思議な組み合わせです。
エジェクションポート側の画像です。
平面と曲面が混ざったスマートなんだか複雑なんだか
どちらとも取れない「HKフォルム」を見事に再現しています。
同社G36C(スタンダード)との比較です。
同じG36シリーズですが、パーツが数点違うだけで
全然印象が違います。
ストックもCに比べて少し長くなっています。
ハンドガードには、
同社G36C用のサイドレールが取り付けできます。

アンダーレールは位置をずらすことが可能です。
ハンドガードはピン1本で着脱できます。
ピンはG36Cの時から抜けやすいと悪評でしたが
今回は保持がOリングからスプリングワッシャーになっていて
若干抜けにくくなっています。

バッテリーコネクタは本来ミニタイプですが、
大将さんがディーンズに交換していました。
今回の特徴の一つでもあるガスピストン部分です。
アルミの地肌むき出しのパーツが良いアクセントになっています。
チャージングハンドルを引くと、エジェクションポートが開き
ドラム型のホップダイヤルにアクセスできます。
すると、ガスピストンが連動して後退します。
チャージングハンドルはブローバックと連動して動くので
発射のたびに、ガスピストンも前後に動きます。
ハイダーはアルミ製で、深いスリットを綺麗に再現しています。
叩くと良い音がします(笑)
固定はOリングのテンションだけなので、回すと外れます。

いつものM14P1 逆ねじなので各種オプションが装着可能です。
ストックは根元のボタンを押すと、ワンタッチで折りたためます。
基部に亜鉛のブロックが内蔵されているので剛性は抜群です。
今回のもう一つの特徴、内蔵式3倍スコープです。
G36KA2に採用されているスコープ+ピカティニーレールの
キャリングハンドルを再現しています。
ピカティニーレール上部と側面に
スコープ調整用のレンチ穴があります。

ドットサイトを取り付ける際、調整の邪魔にならないように
機種選択と配置に注意が必要です。
付属のスコープで、70m先のポールを見てみた画像です。
写真ではかなりの倍率に見えますが、接眼レンズの径がかなり小さく、視界が狭いので相応の大きさとなります。
倍率に対して視界が狭く、窮屈な感じがするのでじっくり狙うには慣れが必要です。

レティクルはHENZOLDTのスコープにアレンジを加えたようなクロスヘアレティクルで、非常にシャープです。
さすがに妥協せざるを得なかったのか、視界周辺にディストーション(歪曲収差)が出ています。
左隅にレンジファインダーがあるのですが、規格が分からない上にこの部分までディストーションが及んでいるので
微妙に歪んだり、ぼやけて見えています。

とは言え、極端に暗いわけでもなく、この価格内で収めたスコープと考えると非常に優秀だと思います。
メカボックスの画像です。
メカボックスはマガジンハウジングとアウターバレルを外し、
チャージングハンドルとリコイルウェイトの接続ねじを外すと
分解することができます。
メカボックスは次世代AKシリーズで採用されたVer.9です。

メカボックス上部に大型のリコイルウェイトが備えられていて
この部分がピストンに連動して前後し、リコイルを生み出します。

ウェイトがぶつかる部分には、ゴム製のバッファーが装着されています。
全体像です。
G36Kはシュート&リコイルエンジンがメカボックスと一体で
他の場所に依存しない為、作動が快調なのが特徴です。

なお、フルオート作動時のピーク消費電流は15.26Aでした。
やはりリコイルウェイトを動かす分、最後の負荷が大きくなっている様です。
リコイルユニットはワンタッチで取り外すことができます。
リコイルウェイトの重さは271gでした。
これにチャージングハンドルやガスピストンがくっつくので
総重量300g前後という感じです。
こちらはSOPMOD M4のリコイルウェイトです。
重量は291gでした。

G36Kとリコイルウェイトの総重量は同じですが、
G36Kの方が連射速度が早く、振動が強く感じられます。
メカボックス内部の画像です。
ギアは次世代電動ガン共用の物となっています。
ピストンは次世代AKシリーズと同じ
Ver.9用ピストンを使用します。

スプリングは黒い色で、自由長が短いソフトな物が採用されています。
G36Kが他の次世代より連射速度が速いのは
この軽いスプリングが影響しているようです。

また、タペットプレートも次世代AKシリーズと共用です。
ノズルの画像です。
給弾を補助する切り欠きがついており、
位置合わせの突起もついています。
ノズルがパッキンに深く食い込み、気密を取る為
先端には長いテーパーがかけられ、さらに1段絞ったような
複雑な形状のノズルになっています。
ノズル周りをメカボックスに収めた画像です。
次世代電動ガンはスタンダードに比べ命中精度が高く
安定したグルーピングが特徴なのですが
画像を見て分かる通り、タペットプレートがかなり前まで前進しています。
スタンダードはシリンダーヘッドと面一で止まるので、
実測2mm、ノズルを伸ばせる設計となっています。

これ故、スタンダードの弱点でもあった「ノズル長不足」が解決され
高い命中精度を維持できるようになっています。
また、パッキンに深く食い込み気密が取れるようになったので
低いレートのスプリングで初速を確保できるようにもなっています。
アウターバレルはアルミの1本物を採用しています。
取り付け基部とユニット化されていて、
ねじ3本でかんたんに着脱できます。
チャンバーもスタンダードと違い、新規設計になっています。
チャンバーのパーツ周りです。
ホップ調整部分はシンプルに纏められており
少ないパーツ点数で済むようになっています。

インナーバレルは300mmです。
ホップ窓にバリが残っており、その点がマイナスでした。
日本製で高いクオリティを謳うならば、こういう大事な部分こそ
しっかり仕上げてもらいたい物です。
弾速測定
使用弾速計:クローニーM1
使用BB弾:マルイ生分解0.2g
ホップ:開放(最小)状態

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最大値 最小値  高低差 平均 J値
93.12 92.87 92.99 93.54 92.97 92.36 93.01 93.86 93.69 92.46 93.86 92.36 1.50 93.09 0.87

弾速はかなり高い値をマークし、これ以上は必要ないレベルです。
かなり弱いスプリングレートでこれだけの数値が出せるのですから、
非常に効率の良い設計だと言えます。

動画でも分かる通り、他の次世代電動ガンよりサイクルが早いのが特徴です。
8.4V 1100mAhのニッケル水素ミニで音声計測したところ、16.2発/sとスタンダードと変わらないサイクルをマークしました。
なので、1発1発が重いリコイルと言うよりは削岩機に近い猛烈な振動と言った方が近いかもしれません。

作動性、実射性能共に高いレベルでまとまっており、非常に楽しい1丁に仕上がっています。
価格:\52290(税込) 全長:615mm(ストック折りたたみ時)〜860mm
重量:3080g(バッテリー含む) 装弾数:50発(多弾数マガジンで約470発)
作動方式:電動セミ/フルオート バッテリー:8.4Vミニバッテリー
消費電流:15.26A(8.4V出力 フルオート作動ピーク時) バレル長:300mm
ホップ:可変ホップ サイト:内蔵式3倍スコープ
外部:M14P1逆ネジ、ピカティニー規格レール