マルゼン P99 FS

マルゼンから発売された、P99の固定ガスガンです。
サイレンサ、ライト、ガンケースがフルセットとなった
オールインワンモデルとなっています。

撮影に協力していただいたハンクさん、ありがとうございます。
ライトを装着した時のバランスが非常によく、
基部も本体と一体感のあるデザインになっています。

最大の特徴はトリガープルで、ストロークは
構造上長いものの、今までの固定ガスとは
比較にならない程軽い仕上がりになっています。
下手なダブルアクションオートよりも軽いです。
ライトは2本のトグルスイッチによって操作します。
左右のトグルスイッチを上に上げた時に
点灯する仕組みになっています。
片方を上げておき、もう片方を好きな手で操作できるように
と言う配慮なのでしょうか?
右利き、左利き共に使いやすそうなデザインです。

電池はCR123を1本使用します。

(2004/10/24追記)
私が購入した個体は、2〜3回点灯させただけでバルブが切れました。
同様の報告が何件かあり、個体差があると思われます。
予備バルブはマルゼンから購入可能です。
銃口にはサイレンサ装着用のねじが切ってあります。
このねじが曲がっている個体があるので、
購入時にチェックをお勧めします。
セイフティは写真の状態でONです。
マガジンにもワルサー刻印が入れられています。
前面にフォロアが有り、弾は非常に込めやすいです。
ライトの光量はシュアファイア等に比べると劣りますが、
それでもインドア戦では十分すぎる明るさを持っています。
サイトは明るいホワイトが入れてあり、
非常にサイティングし易くなっています。
エジェクションポート後ろにホップ調整用のねじがあります。
気になるグルーピングですが、
何と30mで269mmと下手な長物より当たります。
(MAXI0.25g使用、プローンで枕にレスト)

バレル後退式は当たらない、と言われてきましたが、
これは今まで後退式はホップが駄目なMAXIや
根本的にホップのついていない物、
サードパーティのホップも不安定な物しかなかった為に
植え付けられた固定概念と言えます。
(現に、撃つ瞬間はバレルが止まっていますし)

マルゼンP99FSは非常によく当たり、
トリガーフィーリング等トータル的に見れば
マルイSOCOMを遥かに上回る実射性能を持っていると言えます。

ちなみに、30mは正照準で狙えるほどホップが高性能です。
サイドアームとしてはトップクラスの性能でしょう。


(2004/10/24追記)
インプレを取らせて戴いたハンクさんの個体が当たり個体だった様で、
私の個体はホップをかけるほど上下に大暴れする物でした。
同様に、ホップをかけると暴れると言う報告が多数寄せられました。
ホップパッキンと調整ねじの間に、スライスしたシリコンゴムを挟んで
逃げを作ってあげれば簡単に解決できます。
価格:\14490(税込) 全長:180mm(サイレンサ無)
重量:698g 装弾数:27発
燃費:満チャージで約200発(説明書より) 発射方式:ダブルアクション固定ガス
バレル長:98mm(内径6.05mm) サイト:フロントが固定、リアが左右調整可能
初速:約93m/s(0.2g 弾種、気温不明)