タナカワークス G17固定ガス

ペガサスでおなじみのタナカワークスが販売したオート型固定ガスガン第一号です。
給弾メカは、マガジン内のノズルが前進してBB弾を押し出すメカニズムです。
初速は気温22度で85.8m/sと固定ガスガンでは低めですが、
逆にレギュレーションオーバーする可能性が低くなります。
また、トリガープルが非常に軽く、連射が苦になりません。

ライラクスからサイレンサアダプタも販売されており、サイレンサを
謔阨tけることも可能。本体下部に20mmレールを装備しているので
ライト、レーザーサイトも無加工で装着できます
ATF先任隊員さんが、操作に関するレポートを送ってくれましたので掲載します。

*トリガーをちゃんと戻す感じで撃たないと、2発同時に出る場合がある。
対策 初めてのDAオート(ガバメントとブローニングHPしか持っていなかった)
なので射手が慣れればOKか?

*トリガーがたまに戻らなくなる。
対策 ローディングノズルがスムーズにBB弾を押していないと思われる。
ダブルカラム、シングルフィードマガジンなので整然とBB弾を並べるように注意する。
テナーサックスさんの投稿レポートです。

タナカ G17フィクスド
室内計測・5発発射・タ測5m・マルイ0.2g弾使用・気温18度
すでに紹介されているモデルですので以下文書はソーコムと比較した感想です
トリガープルはマルイのソーコムより若干重い感じです。
トリガーは「戻す感じ」を意識して撃たないと、希に戻らなくなるときがあります

ホップの安定性は遠距離になればなるほど、マルイのホップシステムの
有能さが際立ってしまいますが、ガスブロよりはずっといいです。
価格・サイズはG17の方が安く、携行性に優れています。
ホルスターを買い直さなくても済み、ガスブロより命中精度の高い銃です

サイズが手頃な固定ガスガンにデジコンがありますが、
デジコンの92Fはホップを入れるのに高いカスタム品を買わなければならず、
ホップをいれないと初速だけ高く飛距離の伸びずゲームでは使いづらいでしょう。

以上の点からタナカG17は低価格な割に携行性・命中精度のよい
「買い」なモデルだと思います。