第四次 ガンジニアオフ会 in 関西

おさかなさんのレポートです。
丁度、青森オフ会の裏オフ会となりました。
文章、写真はおさかなさんからいただきました。
おさかなさん、ありがとうございます。

“裏”ガンジニアオフ会ということで、やって来ました名古屋!
今回はわひさんとおさかなの二人だけなのですが、
その分濃い内容が期待出来そうです。どうなることやら…

名古屋駅にわひさんに迎えに来て頂き、
昼食を済ませて観光名所をスルーしつつ、一路向かうはガンショップ(爆)。
ここいらへん、煩悩ってやつなんでしょうかねぇ(笑)。
“裏”恒例のデータディスクの受け渡しも済ませ(爆)、
まず向かったは名古屋の要塞、フォートレス。
店内はジャンル毎に整頓されていて、見た目とても綺麗です。
実物パーツやアクセサリー類に目を奪われること暫し、でした。

ここでおさかなはガンジニアで評判のSS製のBB弾を二箱購入。
「それだけでええん?」というわひさんの声を
「次は何処に行きましょうかねぇ?」とはぐらかしました(笑)。

「せっかくだから行こか」とわひさんの提案に従って車で移動、
電動ガンの安売りで有名なタムタムに到着。
店内はとても広く、カスタムパーツのコーナーでは
“こんなものが何故!?”と驚く場面もありました。侮りがたし、です。

ここまでで移動時間を考えると良い時間になってきましたので、
初日のもう一つの目玉である、夜の会場へ…

そう、手羽先の本場で行かなきゃ損、の“世界のやまちゃん”です!
ビールで乾杯し、沁みるわぁ〜と喉を潤し、
手羽先をモシャモシャと食べまくりました。
他のメニューもイケてまして、何を頼んでもハズレなしでした。

お腹いっぱいになった二人はおさかなの宿泊地近くのゲームセンターへ移動。
二人で光線銃ゲームやらクイズゲームをコンプリートしながら
(考えてみれば凄い話ですな)
夜の時間を堪能し、二日目に備えて解散となりました。

シャワーを浴び、一息ついた所の写真です。
何やら机の上に物騒なものがあったりしますが(笑)。
ベッドの上に転がりながら雑誌をめくり、こうして初日は幕を閉じたのでした。

この時、おさかなは衝撃の事実を目の当たりにすることになるとは露知らず、
眠りに落ちたのでした…

二日目は小雨と曇天で幕を開けました。
ホテルまでわひさんに迎えに来て頂き、移動するはわひさんの工房(!)。
数々の素晴らしい銃が生み出された工房へお邪魔するとあっては
興奮しない訳がありません。
さぁて、どうなることやら、と気楽に考えていたのですが…
何ですかここん家は!
一フロア全部がトイガン関係の物品で占められているではありませんか!

棚には垂涎モノのカスタムガンが掛けられており、
机には工具やら実験中のシリンダやらがいっぱいで、
トイガンスミスを自認する人間だったら羨ましくなること請け合いです!

お許しが出たので片っ端から試射させて頂き、
これだけでもお腹いっぱいになったおさかなでしたが、
ふと下を見ると床に何気なく置いてあるボール箱の中身は…

何とLR300キットじゃないですか!
車内で散財神降臨した、と言っていたのはこの事だったんですか…
室内の様子と、このキットを目の当たりにしておさかなも何かが吹っ切れました(笑)。

…で、色々と話をしたのですが、共通した意見が
「昨今の若年トイガンユーザーは自分の手を動かしていない」ということでした。
おさかなも少ない小遣いをやりくりして
やっとの思いで購入したパーツや銃を弄り壊したりして、
随分としょっぱい思いや高い授業料を払ってきたものです。

掲示板に質問を書き込む皆さん、失敗するかもしれませんが
恐れることなくカスタムにチャレンジして頂きたい。
情報は情報にしか過ぎませんし、テニスだって素振りが出来ても
実際に打ち合いしなければ上達しないでしょう?
トイガンでも同じ事なんです。先ずは手を動かしてみましょうよ。

新幹線の時間が近づいてきたので、ここで名古屋オフは終了。
またネット上でお会いしましょう、と名古屋駅でお別れしました
(写真は新横浜のホームです)。

…しかし、おさかなはそのまま帰宅する気にはなれず、
怪しい場所へと繰り出していきました

PC上で青森オフの様子を見ながら、
名古屋帰りの足で集めてきたパーツを組んだら、
アラ一挺出来ちゃった!ってなもんです(笑)。
こんなモン組んでる暇あるならさっさとレポート上げろよ、
とわひさんからもツッコミあったのですが、まぁ勘弁頂きたい(爆)。

前回といい今回といい、オフ会の後には銃が増えていくおさかなではありました。

またいつか皆さんとお会いできる日を楽しみにしていますよ!