30mチャレンジ 3月27日編

大分暖かくなって参りました。
サバゲフィールドでは風が強すぎてチャレンジ出来ませんでしたので、
帰宅後、前回と同じ場所でチャレンジしてきました。
GFX-EXTREME初のチャレンジとなりました。


今回の条件は、、、
使用銃:GFX-EXTREME
使用ターゲット:困ったちゃんターゲットペーパーA3サイズ
射撃状態:ガンケースを敷いてプローン、銃はバイポッドでレスト
気温:5℃
湿度:不明
天候:曇り
風速、風向:東の風4m
距離:30m(30m巻尺1発測定)
的は30m先のテーブルに貼り付けています。

銃は当日、サバゲに行って簡単にスコープを合わせた状態で使用しました。
GFXのパッキンはホップをかけるくらげと、そのくらげにテンションをかける
もう一個のくらげのダブルパッキンになっています。
テンションのかけ具合の幅はかなり広がりました。

今回はホップパッキンがくらげ青、テンションパッキンにくらげ白を使用しました。
GE2003、APSR2004と比べて全長が短いので、持ち運びが楽でした。
空気を入れていたら、継手の逆流防止弁が劣化して吹き飛び、
空気入れのコネクタを外した瞬間エアが全て抜けてしまうという
ハプニングに見舞われました(笑)

写真にはエアタンクの下しか写っていませんが、
常に空気入れを接続した状態で使っています。
一回目、226mmでした。
上に2発、右に1発流されるような弾がありました。
それ以外は左下にいい感じにまとまっていました。
2回目、172mmでした。
左に1発、下に1発、右に1発それた弾がありました。
3回目、140mmでした。上と右にそれた弾が気になります。
水平器を使用してなかったので、左に集弾、右に集弾、中央に集弾と
1回1回集弾個所が微妙に異なっています。

追い風の影響もあり、上下に流され気味の傾向がありました。

今度は無風のスナコン会場でグルーピングを取ってみたいです。