30mチャレンジ日記 9月14日編

「命中精度に関する謎を解き明かすため、全国でいろんなデータを取ろう!」
このコンセプトの元、数々のとてつもないグルーピングを生み出した
きゃさりん工房様主催の30mチャレンジに参加させていただきました。
レギュレーションに関しては特に制限が無いとの事でしたが、
私は1Jアンダーを貫いてデータ取りを行なっていきたいと思います。
前方に見えるのが30m先のA4サイズターゲットです。
フィールドの地形上、若干斜め上を撃つこととなりました。
今回使用した銃、射撃環境は、、、
使用銃:電磁PSG−1+Vパッキン
パワーソース:BULL01.3MPaチャージ、0.23MPa放出
初速:88.9m/s(±0.7m/s)*EXCEL0.25g使用時
使用BB弾:EXCEL0.25g
使用ターゲットペーパー:困ったちゃんオフィシャルターゲットA4サイズ
射撃体勢:テーブルの上に乗せた工具箱に委託
天候:曇り
風速:4m横殴り

距離は巻尺にて測定
記念すべき第一回目。
ポスッ パシンッ
ポスッ パシンッ
ポスッ ガン!(脚立直撃)
ポスッ パシンッ
ポスッ パシンッ
ポスッ パシンッ
ポスッ パシンッ
ポスッ パシンッ
ポスッ ・・・・・・・(すっぽ抜け)
ポスッ パシンッ

A4ターゲットペーパーに8発命中、2発外れでした。
2回目、7発命中、3発外れでした。
3回目、7発命中、3発外れでした。
4回目も7発命中、3発外れでした。
今回の反省点
風の収まるタイミングを逃したのが、外れの大きな原因だと思われます。
外れ弾はターゲット寸前で急激にカーブする「外部要因フライヤー」でした。
また、着弾点を見ると、上下にばらついているのがわかります。
首回りは特に何も弄っていないので、委託する時の僅かな力のかけ具合によって首がギシギシ言っていたかもしれません。
バレルもガムテープでスペーサーを一ヶ所作り止めているだけなので、振動を捌ききれていないと思います。
次回の目標、改善点
銃本体は全体的に剛性を上げ、バレルの固定方法を吟味する。レストした時に上下のばらつきがほとんど無くなる事を目指す。
次回はA4サイズに全弾収めるように頑張りたいと思います。