30mチャレンジ日記 9月21日編

第二回目の30mチャレンジ日記です。
今回はオリジナルエアガンのGE2003 Type-Xをメインに挑戦してみました。
今週の「奴等」です。
距離は銃口から30m、巻尺で測定。その後、レンジファインダーで測定。
何故か31mだったり27mだったり(汗)
銃の仕様は、、、
GE2003 Type-X
初速:84m/s±0.9(EXCEL0.25g使用)
内部:WOピストン、ノーマルSPスペーサーかさ上げ
バレル:600mm、内径6.05mm、バレルスペーサー無し
ホップ:オリジナルチャンバー&ハーフパイプU型2点支持ホップ
使用BB弾:EXCEL0.25g

天候:晴れ
風:平均3〜4m、希に突風(気象情報より)
ターゲット:リサイクル品。古い印刷物(A4)の裏にマジックで黒点を書いた物
狙撃合間にランチタイムw
1回目は10発293mmでした。
右の上下に当たった2発を除けば良い感じの集弾性です。
2回目、1発左にすっぽ抜けました。
少し上下にばらつきが見られます。
3回目、250mmでした。
こちらも1回目と似たような感じで、右下の1発が悔やまれます。
まだ少々ホップが馴染んでいないような感じです。
4回目、来ました!念願の100mm台。10発141mmでした。
チャンバーのセッティングを変え、バレル自体も弾道に合わせて
傾きを調整しました。
その後、クリーニングロッドを通し、きれいにしてからの射撃です。
電磁PSG−1もテストしてみました。
計測条件は前回と同じです。

こちらも、一応全弾A4サイズに収めることができましたが、
本当にギリギリのラインです。
2回目は1発外れ、9発命中となりました。
前回より気象条件がいいのが主な理由と考えられます。
今回の反省点
GE2003はパッキンのあたりが取れてきたので、徐々にグルーピングが良くなってきました。
各部研磨擦り合せやバンカーバレル等を施し、更なるグルーピング向上に努めようと思います。

PSG-1も徐々に命中精度が良くなってきました。ホップは以前のままなので、色々弄ってみようと思います。
次回の目標、改善点
GE2003は微調整、PSG-1は剛性アップ、ホップ部見直しが主な課題です。