30mチャレンジ日記 9月28日編

今回はいつもサバゲをしているフィールドにて測定しました。
今日はサバゲに使用するつもりだったので、カモネット被ってます。
なんだか銃全体があんこ色にみえます(^^;

*先日、銀色のままサバゲに参加したらボコボコにされました。
相手の方によると、人間が見えなくても銃だけ
キラキラ光ってるから50m先から肉眼で見える、だそうです(笑)

今回はO'BARAさんの実験結果を受け、ピストンの重量化を試してみました。
24gだったピストンを40gまで重量増加してのチャレンジです。
昨日の段階では初速は約84m/sでしたが、しばらく撃って慣らしをすると
約86m/sまで上昇。弾を撃った時の振動があまり感じられず、
圧力に打ち勝ってスムーズに空気を送り出しているという感じがしました。
今日の「奴」は少し傾き気味です。
弾道まで傾かなければいいのですが、、、

今回の条件は、、、
使用銃:GE2003
使用ターゲット:ガンジニアターゲットペーパーA4サイズ
射撃状態:1、2回目はバッグにレスト、3回目は椅子に座って両手で保持
気温:未計測
湿度:未計測
天候:晴れ
風速:無風
距離:30m(巻尺にて測定)
BB弾は先日ダメダメだったマルイSG弾を使用しました。
どうせ駄目なら早く使ってしまおう、と思ったのですが、
先日とはうって変わり装填時の硬さが無く、ひびの度合いも少なくなっていました。
気温、湿度によっての変化はあまりないはずなのですが、、、

1回目、マルイSG弾使用、8発命中計測不能でした。
9発目によそ見をした瞬間トリガーを引き、弾は明後日の方向へ。
その後、テンションダウンによりトリガーガク引き(笑)
10発目はターゲットの上を通過していきました。
2回目、マルイSG弾使用、195mmでした。
下に4発行ったのが残念でした。
中央に3発連続で入った時は「おお!」と思ったのですが、
浮かれていると左右に散りだし、最後は上下に散りだしました。
3回目、マルイSG弾使用、160mmでした。
3回目は数ゲーム行なった後の昼休みに採取しました。
サバゲ中に撃っていると、レストした時は若干左右に散っていたのに
レストしないで撃っている時はほとんどレティクルから外れずに飛んでいきました。
「もしかしたら、レストしない方が当たるかも、、、」
と思い、3回目は両手で保持しての射撃です。
結果は160mmと、今回最高の記録でした。
レストしているテーブル自体がグラグラしていて安定性がないのが
主な原因だと考えられます。
今回の反省点
1回計測不能だったので、平均180mmを切ることはできませんでした。
次回、射撃時に気を抜かない様に努力します、、、
次回の目標、改善点
重量ピストン&ノーマルパッキン形状の結果は良好でした。
次回はより良いレスト方法を模索して、テストしてみようと思います。