LCT AKシリーズのフロントすっぽ抜け対策

LCTのAKシリーズは、アウターバレルを2本のネジだけで
レシーバーに固定しているため、ここが緩むと
最悪フロントが丸ごと前にすっぽ抜けてしまいます。

そこで、簡単な加工で対策を施します。

まず、アウターバレルのネジが当たっている部分に軽く凹みをつけます。
ドリルを軽く当てても良いですし、リューターの丸ビットで削ってもOKです。
次に、イモネジを交換します。

今回使用するのは、写真の様に先端が尖った
"トガリ先"と言うタイプのイモネジです。
これは材質に食い込み、しっかり位置決めをする時などに使用します。

ネジ屋さんなどで購入できます。
後は、ネジロックを使って組み直せばOKです。
これで、よほど緩まない限りフロントが抜けてくることはありません。