M.B.S.S(Magnet Bolt Stop System) 構造と作り方

*注意*
この機構の無断商用利用を固くお断りいたします。
個人製作、使用、改良はご自由に行ってください。


スタンダード電動ガン用の残弾感知/ボルトストップ機能
M.B.S.S(Magnet Bolt Stop System)の概略です。

通常のスタンダード電動ガンは、マガジン内の残弾が0になっても発射し続ける、
所謂「空撃ち」と言う作動となるのが一般的です。

しかし、実銃では残弾が0になるとボルトが後退位置でストップしたり
弾の入った新しいマガジンを入れ、リロードしないと撃てないのが普通で
スタンダード電動ガンの動きは「リアル」ではない物となってしまいます。

そこで、何とか次世代電動ガンやGBBの様に
スタンダード電動ガンでも残弾0ストップ&リロードアクションが楽しめないかと
この機構を考案してみました。

↓が機能紹介と動作の様子の動画です。
M.B.S.Sはその名の通り、残弾0の検出にネオジム磁石と
磁力でスイッチのON-OFFが出来る磁気リードスイッチと言う
部品を組み合わせて使用しています。

これを見て、「あ、、、」と思った方も大勢いると思います。
そうです。警備会社などが設置する、窓の開閉を検知する
あのセンサーと同じ原理です。

これらとリレーの自己保持回路を組み合わせて
システムを構築しています。

回路類はストックパイプの中に収めていますが
リレーを使っているので、結構大型です。
マイコンを使える方は、もっともっとコンパクトに出来ると思います。
汚い手書きの回路図ですが、こんな感じになっています。

仕組みは磁石を近づけるとMS(磁気リードスイッチ)がONになり、R1(リレー1)がONとなり自己保持回路作動、
TR(トリガー)前のR1 b接点を開いて信号を絶ちます。
マガジンを外すことでMS(磁気リードスイッチ)はOFFになりますが、自己保持が働いたままなのでTR(トリガー)をONにしてもモーターは回りません。
BR(ボルトリリース)をONにするとR2(リレー2)がONとなり、R2 b接点を開いて自己保持回路への電源を断ち切ります。
すると、回路がリセットされるので、再びFETに信号が入るようになり、撃てるという仕組みです。

BR(ボルトリリース)がボルトリリースボタンに隠れるくらいのb接点小型タクトスイッチならR2(リレー2)はいらないのですが
見つけることが出来なかったので、接点の反転用に入れています。

リレーはR1がOMRONのG5V-2 5V、R2がOMRONのG5V-1 5Vを使用しています。
(画像のは、G5V-2が古い型番の物になっていますが現行品ではG5V-2が相当品となります)
幅広いバッテリーの電圧に対応させる為に、三端子レギュレター7805(念の為、定格500mAのTA48M05Fを使用)で5Vを作り、リレーを駆動させています。
TA48M05Fのドロップ電圧は0.65Vなので理論的にはバッテリー電圧は5.65Vあれば、5Vを作り出すことが出来ます。
使用バッテリーがA123S LiFe 9.9V 1100mAhなので、モーター始動時の電圧降下を見ても余裕があるので、これで十分です。
逆に放電能力が悪く、容量切れ寸前のバッテリーならばリレーが動作しない可能性があります。
チャンバーは絶縁も兼ねて、VFCのポリカチャンバーを使っています。
給弾口の下に見えているのが磁気リードスイッチです。
ガラス管に強磁性体のスイッチが入っており、
磁石を近づけるとお互いが引き寄せられ、ONとなります。

磁気リードスイッチ
SYNTEX TECH MKA-10110
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-03676/

このスイッチが磁力を感知する場所に配置できさえすれば
給弾ストップを組み込むことが出来ます。

このスイッチ、油断するとガラス管が簡単に割れるので
取り扱いには注意が必要です。
私は位置決めが終わった後、エポキシでコーティングしてしまいました。
ボルトリリースの裏を削り、小型のタクトスイッチを仕込んであります。
これを押すことで、回路の自己保持をリセットし、再び発射できるようになります。

間違っても掌底で力いっぱい叩いてはいけません(笑)

AKならばこれをボルトが後退した位置に、
G36ならばチャージングハンドルを引いた位置にセットできれば
これらにも残弾0ストップ/ボルトリリース(リロード)機能を持たせられると思います。
マガジンのフォロアーに仕込むネオジム磁石は
プラモデルの関節固定用に使用する直径5mm×厚さ3mmの物です。
凄まじい磁力で、色んな物に引っ付きます(笑)
このように、フォロアーを削って縦方向に仕込みます。
このフォロアーがチャンバー内に入り込んだときに
磁力を感知して回路を動かす、と言う仕組みです。

フォロアーを金鋸やヤスリで削り、磁石をエポキシでくっつければOKです。
綺麗に収めないと、マガジンの給弾に支障をきたす可能性があります。


こんな感じで、意外と単純な構造になっています。
応用次第ではいろんな機種に搭載できると思いますので
是非、チャレンジしてみてください。