アウターバレルのショート化

AKのアウターバレルは、ガスブロック直前までで
約63mmショート化することができます。
ショート化することにより、若干取り回しが良くなりますので、
今回はその方法を記載したいと思います。
まずは、アウターバレルに切断位置と、
フロントサイトを止めるネジ穴の位置を罫書きます。

切断位置はノーマルの状態の端から63mm、
フロントサイトを止めるネジ穴は67mmの位置に罫書きます。

フロントサイトを止めるネジのセンターがずれると、
フロントサイトが曲がって付いてしまうので
ガスブロックのネジ穴のセンターを見ながら、
確実にセンターに罫書きを行ってください。
アウターバレルを切断し、穴を開けます。
(インナーバレルも63mm切断します)

穴はセンターポンチを打った後、
直径φ2.5mmのドリルで開けます。
(写真の穴位置で正解です。罫書きが1mmずれています)

フロントサイト取り付けネジは、ねじ込むとねじ山のできる
タッピングネジを使っている為、タップ立ては不要です。
最初から付いてきたネジを、ドライバーで締めこめば
自然とねじ山ができます。
アウターバレルをレシーバーに組み込む時、
若干ながらガタがあります。

差し込む部分にアルミテープ等を張り、ガタを取ってあげると
剛性感が増し、首周りがしっかりします。