使用する工具
・M4タップ
・φ3.4のドリル
・電動ドリル
・ポンチ

M16系最大の悩み、それは首の弱さです。
M16系の首の弱さの原因は主に2つあります。まず、レシーバー付け根が薄い事と
アウターバレルを保持するレシーバー基部のネジが馬鹿になりやすい事です。
今回は、レシーバー基部の強化方法を掲載します。

レシーバー基部には最初からM3ネジが3個所切ってあります。
ただ、M16A2やM4等、フロントが非常にヘビーな機種ともなると、この部分に大きな不可が
かかります。当然ネジも緩み、馬鹿になってきます。

まずは、レシーバー基部に空いているネジ穴を全てM4に変えます。
そして、側面(矢印の部分。裏も合わせて)にポンチを打ち、φ3.4mmのドリルで
穴を開け、ここもM4のネジを切ります。

これで、アウターバレルはM4ネジ5本でホールドされることになります。
左がノーマル、右が5点支持レシーバー基部です。
奥がノーマル、手前が5点支持レシーバー基部です。