モーターマニア
クリーニングパワーリキッド(以下CPL)

先日、地元の模型店のRCコーナーで見つけた
モーター用のクリーニング液です。

パワーアップ目的のコミュオイルとは違い、
ブラシに少量添加して慣らしを行うことでコミュやブラシのクリーニングを行う
クリーニング液と言う感じです。
その後、モーターのパワーアップ効果もあるとの事ですが、、、
物は試しでテストしてみました。

ちなみに10ml入りで定価\1050です。
使用したのは、STONERで結構使用した
G&Pの旧M120モーターです。
取説によると、モーターの−側ブラシに少量付け
2〜3Vで2〜3分ほど回し、効果が小さければプラス側にも
使用してくださいとの事でした。

結構アルコール臭のする液体です。
とりあえず−側に一滴付けてみました。
その後、3Vにて3分間冷却しながら慣らしを行いました。
すると、ブラシが擦れた跡は残っているものの
コミュがピカピカになっていました。
クリーニング効果があるのは間違い無さそうです。
性能は以下の通りになりました。
電源電圧
(V)
無負荷回転数
(rpm)
無負荷消費電流
(A)
理論拘束トルク
(g-cm)
G&P 旧M120 新品 8.4 27900 2.83 3390.83
G&P 旧M120 結構使用 8.4 28680 2.25 3332.61
G&P 旧M120 結構使用+CPL 8.4 29250 2.35 3356.07

実際にノーマルメカボでドライブしていない為、適正負荷時の性能はありません。

結構使用していたと思いきや、ちょうど慣らしを行った状態っぽくなっていました。
CPLを使用すると、極僅かに回転数、消費電力、トルクが向上していました。
慣らしを行った状態で、コミュとブラシをきれいにした状態だと思えば、CPL単体に性能向上作用はあるのかな?
と言う気がしますが、データが1例だけなのでなんとも言えないです。

ただ、間違いなくクリーニング作用はあり、コミュとブラシのカーボンが綺麗に除去されていました。
分解清掃が出来ないEG1000などの純正モーターこそ、真価を発揮しそうな製品です。
カーボンが溜まってしまう前に、定期的にクリーニングに使うと良いかもしれません。