組み立て

VFC SCAR-L CQCは、マルイのVer.2メカボックスを使用するコンバージョンキットなので、
パーツをそろえた上での組み立て作業が必要となります。

こんな感じの箱に入ってきます。
中身はこのように分解された状態のパーツ構成となっています。
写真には写っていませんが、マガジンも付属します。
アッパーレシーバーはアルミのCNC削りだしで、高い剛性を誇ります。
また、ボルト周りはリアルな分解が可能となっています。

ボルト周りを分解するには、まずリコイルSPを後ろに抜き取ります。
次に、ボルトを目いっぱい後退させ、チャージングハンドルを切り欠きにあわせます。
そして、チャージングハンドルを90度回転させ、引き抜きます。
そうすると、ボルトが後方に引き抜けます。
バレルを抜き取るには、左右のバレルホルダーのネジを緩め、
アンダーレールを取り外します。
すると、チャンバーのロックが解除され、分解が可能となります。

ホップチャンバーは透明な樹脂製で、各パーツの動きが分かるようになっています。
バレルは内面が結構汚れているので、掃除をお勧めします。
まず、メカボックスを組み立てます。
M16A2、M4用のノズルを組み込んだVer.2メカボックス(Ver.2.5でも可)が
必要となります。

スイッチアセンブリ、インナーセイフティレバー一式、トリガー、セレクターレバーを
付属の物に交換すれば、内部はそのままでも構いません。

今回は、SPガイドをメーカー不明のベアリング付きに、メインSPをKM0.8J(6巻きカット)、
軸受けをメーカー不明のオイルレスメタルに交換しています。
マガジンキャッチが干渉する為、
M16系のマガジンキャッチの軸が通る部分を折っておく必要があります。
メカボックスを組み上げます。
透明なセレクタープレートが特徴的です。
アンビセイフティを再現しているのも、特徴の一つです。

セレクタープレート、スイッチアセンブリに通電プレートが無く、
マルイ電動ガンではセイフティポジションにすることで通電をカットしていた機能が
オミットされています。
配線を束ねているヒシチューブが長すぎるので、
写真の位置くらいにカットすると作業がしやすいです。
次に、セレクタープレートを組み込みます。
このコンバージョンキットで、最も難しい部分です。

セレクタープレートとセレクターのマーキングを合わせ、組み立てます。
組み立てたら、動かないようにそっとロアレシーバーに組み込みます。
ここで動いてしまうと、後の作業が面倒になります。
ある程度メカボックスをロアレシーバーに組み込んだら、
反対側のセレクタープレートも組み込みます。
こちらは後で位置合わせを行うので、アバウトでも構いません。
組み込んだら、セレクターレバーを両方とも同じ向きに整えます。
(穴に細いドライバーを突っ込んで、少しずつ動かして微調整します)

終わったら、セレクターベースを取り付け、セレクターを組み込みます。
セイフティでしっかりトリガーがロックされれば成功です。
グリップとモーターを組み込みます。
一見、M16系のグリップなら何でも使えそうですが、
基部の形状が異なり、マルイM16系用グリップではモーターがギアに届きません。

なので、付属してきたグリップが唯一対応の品になります。
私の組み立てた個体だけなのか、写真の赤丸部分とアッパーレシーバーの接合部が
干渉していて、ちゃんと組み込むことができませんでした。

赤丸部分を削り、アッパーとロアが勘合するように調整しました。
次に、配線の接点部分を作ります。

VFC SCAR-L CQC最大の特徴がこの接点方式で、
バッテリーとメカボックス間を接点で繋ぐことにより、配線レスを実現しています。

まず、コネクターピンとスプリングをコードに組み込みます。
次に、ロアレシーバーの収納部分にコネクターとスプリングを納めます。
この部分が接点となります。
最後に、カバーを被せて、ネジ3本を締めれば完了です。
折り畳みストック内にミニバッテリーを内蔵するのですが、
なんとストックとレシーバーの接合部分であるヒンジが接点となっており、
ストックを折り畳んだ時に配線が見えないようになっています。

感電しそうなので、接点には不用意に触らないほうが良いでしょう(汗)
次に、アッパーレシーバーとストックを結合します。
ストックをアッパーレシーバーに差し込むだけで作業は完了です。
最後に、組み立てたロアレシーバーをアッパーレシーバーに組み込みます。
後ろの接点と結合部を合わせた後、前を持ち上げて
メカボを収め、レシーバーピンを入れて出来上がりです。

レシーバーピンはロアレシーバーに脱落防止ギミックで組み込むことができますが、
結合がタイトなのと、ピンが入れにくい事から、私はオミットしました。
これで、完成となります。
バッテリーを繋いで、試射してみましょう。
ストック内部にミニバッテリーを納めます。

ストックは長さを6段階に、チークピースも高さを3段階に変えられます。
ボルトを引ききると、ホールドオープン機能が働いて、ボルトをロックします。
ボルトストップを押して解除すると、ボルトは勢い良く前進します。

ホップ調整はボルトを引いて、ダイヤルを露出させて行うM16方式です。
また、ガスレギュレーターがホップ調整ツールを兼ねていて、
簡単にホップ調整ができるのも嬉しい所です。
これも私の個体だけなのか、グリップの角度が悪く、ギアノイズが大きめでした。
グリップ底板が前後にガタガタしており、隙間に厚紙を挟めて
後ろ側に目いっぱい寄せた所で落ち着きましたが、
それでも初期M16A1やMP5のレベルのノイズがあります。

重要な部分なので、ここは丁寧に作って欲しいと感じました。