トリガーチューン

CAW エアコッキングボルトアクションのトリガーは
APS式前倒れシアー構造のコピーで、
ポテンシャル的にはかなり高いのですが、
各部のスプリングテンションや調整機構が良くなく、
箱出しでプルは重くは無いものの、
ストロークが長く、ずるずるした感触のトリガーです。
まず、スプリングのテンションを見直します。
左側の赤丸がボルトストップスプリング、右側が
トリガースプリングです。

箱出しでは、ボルトストップスプリングが硬く、
トリガーバーを強く押し下げている為、
ダイレクトにプルを重くしています。
これをトリガーバーがちゃんと戻る程度に
軽い物に交換します。

私は面倒くさかったので、トリガースプリングを
2つに切って、一つをボルトストップスプリングに、
もう一つは端面を少し広げて、トリガースプリングにしています。
もう一つやっておきたいのがトリガーの初期位置変更です。
上の写真がノーマル状態ですが、この状態では
タイミングスクリューがトリガーバーに当たらず、
実際はシア開放のタイミングが調整できません。

そこで、左の写真のように、トリガー後ろにM4のナットを1個入れます。
(トリガーハウジング側に瞬着で固定します)
こうすると、トリガーがある程度後退した状態になります。
この状態にすると、タイミングスクリューが効くので
シア開放のタイミングを調整できます。