ドラグノフ弄り倒し日記

使いながら、不満な点を少しずつ直して行こうと思いましたが
いきなり難点が浮上し、色々弄ることとなりました(泣)

まず、セイフティの問題です。
このように、オフの状態にしても少し戻ってしまい、撃つことができませんでした。
原因は、セイフティの取り付けが緩く、しっかり保持できてないことでした。
セイフティ裏の輪っか状のパーツをしっかり押し込んでやることにより、
セイフティはしっかりかかるようになりました。
次はチャンバーです。
イモネジでパッキンを直接押す、旧世代のホップでしたので
こちらも少し弄ってみました。
こんな感じで、レバー式で押し込む方式にして見ました。
30m先のA3サイズ鉄板にほぼ100発100中なので、こちらはこれで良しとしました。
次はピストンです。
なんと、緩衝材になる物が一切無く、金属同士がガツガツぶつかる
物凄い方式でした。

これには、ピストン前面にポロンスポンジを貼り付けることで
解決できました。
また、初速もHPのローカル以上出ていたので、スプリングを2巻きカットして
81m/s@トイテック0.25gまで落としました。
最後はトリガーです。
最初から最後まで、20mm近く引くトリガーは勘弁の一言です。

トリガーガードを止めている赤丸部分のネジを外し、
イモネジを変わりに入れてやると、トリガートラベルの調整ができるようになります。
大体、トリガーが真っ直ぐになるくらいにすると、
非常に引きやすいトリガーとなります。
そして、一番の悩みどころがパッキンです。
付属の緑色のパッキンでは、気密部分がきつすぎて
SUS等の弾が使用できず、径の小さいトイテックやマルイBB弾しか給弾できませんでした。
変わりにノーマルパッキンを同じ長さに切った物にすると、
今度は気密が取れず、まともに弾が飛ばないと言う状態です。

解決するには、ノーマルパッキンでも給弾できるように
シリンダやチャンバーを丸ごと作り変えないといけないので、
このあたりがちょっと悩みの種です。
とりあえず、KMに問い合わせてみます。

*追記*
KM企画にパッキンの旨で問い合わせたら、本体を送ってくださいとの事でしたので
送ったところ、丁度いいサイズのパッキンに交換してくれました。