トリガー改良

二次ロットトリガーになって、シアの切れる位置は分かりやすくなったのですが、
若干重めで、シアが落ちるまでのストロークが長めです。

そこで、プル改善とトリガーストロークの調整機構追加を行います。

まず、トリガーストローク調整を行う為の芋ネジを追加します。

トリガーボックスを合わせ、写真の位置に2.5mmの穴を開けて、M3のネジを切ります。
ここに、5mmの芋ネジを入れて、トリガーストロークの調整ネジとします。
もう少し肉厚があるとよかったのですが、、、

ネジにはネジロックを塗布しておきます。
このストローク調整ネジを追加すると、トリガーとトリガーロックピースが干渉する為、
トリガーロックピースを取り外します。
これを行うと、ボルトハンドルを下ろさない状態でも激発可能となります。

トリガーロックピースを残したい場合は、干渉部分を削る必要があります。

セイフティプランジャースプリングのテンションだけで
トリガーはリセットポジションまで戻るので、
トリガースプリングは取り外してしまっても構いません。
これで、プルを若干軽く出来ます。
セイフティプランジャーのスプリングが組みづらいので、
M3用ワッシャーを一枚入れて、組み込みやすくしてみました。
セイフティプランジャーのトリガーと触れる面にバリがたくさん出ています。
これが、トリガーを引いた時のゴリゴリ感につながります。

バリ取り処理をして、きれいにします。
バリ取り&面取りを行ったセイフティプランジャーです。
後はトリガーと触れる面にグリスを塗布して組み込みます。

トリガーとシアのエンゲージは小窓から確認できる為、
そこを見ながら芋ネジを回して好みのストロークに調整します。