ローダーサポートパーツの製作

L96 AWSのマガジンは異常に弾込めがし辛いです。
ローダーで入れることを推奨していますが
下手をすればローダーが破損しかねないくらい力を込めないと
弾が入っていかず、柔らかい弾だとその時点で傷が付きます。
原因はルート最後にある凹みと急激な角度です。
ここにBB弾がはまると、前からBB弾を入れようとしても
うまく下に下がらず、思いっきり力を込めないと
急激な角度を乗り切ることができません。
そこで、凹みにBB弾がはまらないようにし、
角度も緩やかにするサポートパーツを製作します。

材料は2mm厚のプラ板です。

写真の様に角を使い、マガジンにピッタリはまる部分を見つけます。
その後、ホームベースの様な形にマーキングします。

手で持つ部分なので、適当な大きさでOKです。
それを切り出し、切断面をきれいにします。
このままではBB弾が入っていけないので、
ヤスリで角度を調整して弾が入っていけるようにします。
こんな感じで、弾がスムーズに入っていくようになればOKです。
こんな感じになります。

ポイントは凹み部分をカバーするような角度にしてやることです。
後はお好みで方向を書いたり、キーホルダーっぽくする為に
紐穴を開けたりします。
これを装着しながらローダーで弾込めすると、
あの硬かった弾込めが簡単に行えます。
殆ど電動のノーマルマガジンに弾を込めるのと変わらないくらいです。

というか、この位のサポートパーツはメーカー純正で
付属させるべきだと思うのですが、、、(^^;