シリンダー後部補強

ノーマルシリンダーの後部(コッキングハンドル、エンドボス装着部)は、プレスされて止まっているだけなので、
使用していると左右にがたついたり、最悪パイプと後部が外れてしまいます。ここでは、ちょっとした補強方法を紹介します。
左の写真が、純正シリンダーの後部です。
写真の通り、プレスされて止まっているだけです。
まずは、プレスされている部分(矢印部分)に、φ2.5mm、深さ6mm程の穴を開けます。
穴は最低3個所、等間隔に開けると良いでしょう。
次に、M3のタップを立てます。
タップを立てた後、紙ヤスリできれいにバリを取ってください。
最後に、M3のイモネジを打って、補強完了です。
引っ掛かる部分をプレス部&イモネジにすることにより、左右のがたつきもなくなります。
(とは言え、元々が柔らかいアルミなので、酷使すればガタが来てしまいます)