今回は、お手軽にライトタッチトリガー(ストローク調整機能付き)を製作します。
必要な工具と材料は
・φ2.5mmのドリル
・M3タップ
・M3イモネジ(5〜10mmの物で結構です)
・600〜800番の紙ヤスリ
・ピカール
です。

まずは、トリガーボックスを分解し、トリガーセッティングを「軽くてストロークの長い方」に
設定します。
この時、シアとトリガーバーの接点を紙ヤスリで磨いた後、ピカールできれいにすると
一層トリガーの切れが良くなります。
次に、赤い丸で囲んだ位置にφ2.5の穴を開け、M3ネジを切ります。
ちょうど、トリガースプリングの真下に当たる位置です。

次に、切ったネジ穴にイモネジを入れます。
左右のトリガーボックスを分解してみると、イモネジがこのように入っています。
「軽く、ストロークが長い」セッティングだと、シアが落ちるところまでのストロークが長いので、
イモネジであらかじめトリガーをシアの落ちる手前の位置まで持って行こうと言う物です。

ちなみに、青い矢印のスプリングを弱い物に変えると、さらにトリガーが軽くなります。
私は暴発防止の為、このスプリングはノーマルのままの物を使用しています。

イモネジの調整は、コッキングしてシアが掛かるか掛からないかの所から
2〜3回転程戻しておくと、暴発の危険もなく安全です。