KJチャンバー改良

タナカ ガスボルトシリーズのカスタムパーツとしてリリースされているKJチャンバー。
VSRパッキンを流用することで、お手軽に弾道改善を行えると言うメリットがありますが
前回の検証では、グルーピングが今ひとつと言う結果に終わってしまいました。

そこで、今回はKJチャンバーを改良して、グルーピングの向上を狙います。

まず、検証した結果、グルーピングが悪化している原因は
「HOPマン」と呼ばれるパッキンを押すプラパーツであることが判明しました。

HOP突起をきれいに押し出し、一見効果が高いように見えますが、
パッキンの逃げがまったく無く、原理的にはKM SCSの様な
芋ネジで直接押す旧式HOPと変わりがありません。
そこで、HOPマンに逃げ溝を掘ったり、上からスプリングで押して
逃げを作ってみたのですが、結果は殆ど変わりませんでした。
HOPマンのR構造がパッキンを左右から締め付け、
逃げを作っても逃げとして働いていないように感じました。

しかも、左右に尖っている形状なので、チャンバー内での動きが悪く、引っかかります。
最終的に画像のように角を丸めて使ったのですが、これでも結果は変わりませんでした。

ここは思い切って、HOPマンを使わない方向で行きます。
画像は改良後のチャンバーの物です。

HOPクッションにマルイ電動のクッションゴムを流用しています。
これを、長さ調整した純正ゴム棒を介して上から押します。
初期のVSRと同じ構造にしてみました。
そのままクッションゴムを入れると、左右にがたつくので
チャンバー内側、クッションゴムが収まる部分に
1mm厚のゴム板を貼り付け、かさ上げしてあります。
こちらはHOPマンを用いたノーマルKJチャンバー仕様のグルーピングです。
こちらが、改良後のKJチャンバーでのグルーピングです。一気に50mm程グルーピングが詰まり、
ノーマルのVSRと同じくらいのレベルまで持っていけました。
ホップが安定していて、上下に散らないのが大きな特徴です。
弾道の伸びはそのままに、グルーピングを縮めることに成功しました。

KJチャンバーは内部にゆとりがあり、結構手を入れることができます。
押すパーツを工夫してみたり、色々チャレンジしてみてください。