タナカM24改良(ホップ、ノズル、ガタ取り)

格好最高、実射最低、それがタナカM24の第一印象でした(笑)
ホップの構造、ガスという不安定なパワーが影響し
カーブ、フォーク、スライダー自由自在です。

今回はM24を何とか現用ボルトと肩を並べる所まで持っていく事を
目標とし、弄っていきます。

まず。ホップの作り替えです。純正ホップは突起距離が長く
掛かりが非常に安定しないので、定評のあるマルイパイソンの
ホップを移植します。

移植は非常に簡単で、純正ホップの口をヤスリで四角くするだけです。
幅はパッキンの幅に合わせます。
写真は磨き前なのでちょっと汚いですが、バリ等を奇麗に除去してください。
パッキンを被せた所です。
ホップの口の掘り下げ具合でホップの強弱が変化してきますので
丁度良い弾道の場所を見つけてください。

パッキン外側にグリス又はオイルを塗り、チャンバーに差し込みやすくしておきます。
これをチャンバーに入れ、組み上げてバレル周りは完成です。

ホップのテンショナーなのですが、現用ロットはゴム棒ですが
これも安定しないので、私は外径3mmのスプリングを入れています。
次に、チャンバー周りのガタ除去を行ないます。
ノーマルではチャンバーが前後左右にガタガタ動き、
ホップが安定しないのでアルミテープを巻き、ガタを除去しておきます。
最後は要のノズルです。
ノーマルは短すぎて全く使い物になりません。
M24はPCS搭載ですので、その構造を利用してノズルを延長します。

純正ノズルはペンチで引っこ抜くか裏から棒を入れて叩けば外れます。
ノズルを引っこ抜くと、ノズルがはまっていたφ6.5mmの場所の後ろに
PCS用のM6ねじが切ってあります。
そこにM7のタップを突っ込み、PCSで使っていないねじ前半部をM7にしてしまいます。

次に、外径6mmのパイプを延長したい分+ねじ部6mm程度に切断し、
ダイスを使ってパイプにM7のねじを薄く付けておきます。
ねじを切ったパイプを、ボルトのねじ新造部にねじ込めばとりあえず
延長は完了ですが、固定が甘くノズルの芯がずれやすいので
写真の様に一旦ボルトを閉鎖ポジションにし、
芯を取った後に瞬間接着剤で固定します。
これでノズル延長は完了です。

*もう一つのやり方*
M7タップとダイスはなかなか手に入らないので、
PCSのM6部分をφ6mmのドリルで広げ、
そこのφ6mmのパイプを突っ込むという手もあります。
ドリルをまっすぐ入れられれば、こちらの方が数段簡単です。
とりあえず、これでかなり安定した弾道を実現できます。
これらのチューンを施したM24で、30mチャレンジを行なった所、平均165mmと何とか現用ボルトと
肩を並べられる所までもって行けました。30mの詳細記事はこちらです。