ZEISS Diavari-Z 2.5〜10×48 T*

HPを拝見された方より、インプレ用としてお借りいたしました。
ありがとうございます。

光学機器のみならず、様々な産業分野に進出している
ドイツのZEISSが製造しているスコープです。
ZEISSスコープはドイツとアメリカで製造されていますが、
このDiavariはドイツ製になります。
ZEISSの光学機器メーカーとしての歴史は深く、
その技術は他の追随を許しません。
ライフルスコープのラインナップも多岐にわたり、
タクティカル分野からハンティングまで
幅広い層で支持を受けています。

今回のDiavariはタクティカルユースと言うよりは
ハンティングユースを意識した作りに見えます。
スコープのラインがスムースな、ヨーロピアンスタイルのスコープです。
接眼レンズ側チューブに、製品名やスペックが記載されています。
スコープ側面にZEISSのロゴが入っています。
中央下部に、シリアルナンバーが記載されています。
倍率は2.5〜10倍の可変で、パワーダイヤルは
全体がゴムコーティングされており、
指をかける部分は滑り止めを施した別パーツのゴム製になっている等
作りが非常に凝っています。

S&Bもそうですが、ドイツ製のスコープは
ユーザーの使い勝手も考慮された、合理的な作りになっている
感じがします。
視度調整は-4〜+2まで調整可能です。
視度ダイヤルは硬めで、不意に動かないようになっています。

アイピースは視度調整を回す際の滑り止めも兼ねたデザインです。
エレベーション、ウィンデージはフィンガークリックながら
なるべく低くなるようにデザインされています。
エレベーション、ウィンデージ共に1クリック1cm/100mです。
ヨーロッパスコープは表記にm単位系を使うことが多いので
MOA表記に慣れた人は使用に注意が必要です。

ダイヤルはグラスファイバー混入の樹脂製です。
対物レンズのコーティングです。
赤ワインの様な、不思議な色のコーティングです。

対物チューブ内の反射防止処理が徹底されており、
他のスコープには無いような独特の構造になっています。
接眼側のコーティングです。
こちらもワインレッドのコーティングです。
2.5倍で覗いた画像です。晴天時は目が痛いほどの明るさで、解像度は抜群です。
同価格帯のスコープと比較しても、頭一つ光学性能が秀でています。
最大倍率の10倍で覗いた画像です。
明るさに殆ど変化は無く、像は鮮明さを保ったまま倍率だけが高くなる感じです。
レティクルはZEISSの4番で、倍率に応じてレティクルの大きさが変わるファーストフォーカル仕様です。

現在ZEISSのHPには対物径48mmのモデルは記載されておらず、スペックは最も近い対物径50mmのモデルを掲載します。
価格:\160000前後
全長:325mm
重量:510g
チューブ径:30mm
倍率:2.5〜10倍
フォーカス機能:視度調整のみ
ノブ:フィンガークリック 1クリック1cm/100m
レティクル:ZEISS No.4 ファーストフォーカル仕様
対物レンズ径:50mm
対物側チューブ径:56mm
接眼レンズ径:????
接眼側チューブ径:41mm
アイリリーフ:80mm
瞳径:14.9mm(2.5倍時 有効対物径37.2mmと記載あり) 5mm(10倍時)
内部処理:2.5倍時は反射なし。10倍時はチューブ外側が反射
対物側レンズコーティング:ワインレッド系コーティング
接眼側コーティング:ワインレッド系コーティング