ANAT VISION 3.5-10x40[ATV-C4]
ストラトキャスターさんに取材させていただきました。

SUSのサイドフォーカスシリーズ ANAT VISIONの
4番目の機種として発売されたスコープです。

外観を見て分かる通り、Leupoldのレプリカスコープです。
Leupoldのレプリカは海外製で数機種発売されていますが
サイドフォーカスの動かない物、動くが非常に高価な物、
TR-Xそっくりな物と、どれも微妙な位置合いの物でした。

SUSが出したこのスコープは外観もさる事ながら、
中身も普及価格帯では、かなり良い出来になっています。
対物レンズ側のリングに施された文字も
きちんと再現されています。
ダイヤルの文字もはっきりしています。
クリックは少々重めですが、フィンガークリックである事を
考慮すると丁度良い塩梅です。
ダイヤルには1CLICK 1MINと表記されています。
これは1クリック1MOAと言う意味です。
(1MOA = 1/60°つまり1分)

レプリカのオリジナルモデルとされるLEUPOLD Mark4 M3も
エレベーションは1クリック1MOAです。
倍率調整ノブも、突起のある物を再現しています。
接眼部には、しっかりSUSのロゴが入っています。
10倍で覗いてみた画像です。
画像は鮮明で程よい明るさを持っています。

レティクルはスタンダードなデュープレックスタイプです。
接眼側のコーティングです。
再外層がコーティング無し、後はグリーンとマゼンダの
コーティングが施されています。
対物側は2層ともグリーンのコーティングが施されています。
PT、TRXより、青っぽいグリーンです。

管理人が以前見た物は、対物内側にゴミが付着し、
ノブ周辺とねじが傷だらけの個体でした。
どうやら個体差が激しいらしいので、
購入の再は直接見せてもらうか、詳しく確認した方が良いでしょう。
価格:\17850(税込)
全長:????
重量:????
チューブ径:30mm
倍率:3.5〜10倍
フォーカス機能:サイドフォーカス(3.5倍で10mでフォーカスが合いました。視差は不明)
フィンガークリック:エレベーション、ウィンテージ共にフィンガークリック
レティクル:デュープレックス
対物レンズ径:40.0mm
対物側チューブ径:46.9mm
接眼レンズ径:31.9mm
接眼側チューブ径:39.5mm
アイリリーフ:3.5倍時は60〜90mm、10倍時は40〜60mm
瞳径:11.4mm(3.5倍時)〜4mm(10倍時)
内部コーティング:3.5倍では瞳径周囲、10倍では内面全反射
対物側レンズコーティング:全面やや青っぽいグリーン系マルチコーティング
接眼側コーティング:2面グリーン系、1面マゼンダ、1面コーティング無し