TASCO TITAN 1.25〜4.5×26

TASCOブランド最高峰モデル、TITANシリーズの中で
ショートライフルスコープとして販売されているモデルです。

倍率が比較的低倍率に設定されており、
最低倍率では3m先からフォーカスが合うので
近距離射撃に向いています。
接眼チューブ側面には、TITANのロゴが入っています。
倍率は1.25〜4.5倍の可変となっています。
倍率変更ノブは比較的柔らかめで、スッと回せます。
視度調整も備わっており、かなりの幅で調整できます。
対物側のチューブ外径は
スコープ本体のチューブ径と同じです。
ノブの形状が非常に面白く、全体的に薄く作られています。
スコープ全体も丸みを帯びたデザインとなっており、
見た目もちょっと優雅です。
ノブはコインクリックタイプで、クリック感はしっかりしています。
1クリックの移動量は100ヤードで1/4MOAです。
接眼側のレンズコーティングです。
グリーンコーティングとパープルコートを
それぞれ使用しています。
対物側のコーティングです。
こちらはグリーンとシーグリーンの両面コートです。

狙撃万歳 KAKIさんのレポートと比較すると
同一機種でコーティングの種類が違う事から、
微妙にマイナーチェンジしているようです。
1.25倍で20m先の旗を覗いた画像です。
本当に対物系26mm!?と思わせるような、鮮明で明るい画像です。
殆ど肉眼で見ているのと変わらない上、この倍率では3m先からピントが合います。
こちらは4.5倍で覗いた画像です。
こちらも、対物系40〜50mmの機種と比較しても遜色ない明るさ、解像度です。
スコープ自体がコンパクトなのと、近距離からフォーカスが合うので、
様々な用途に使用できる万能スコープ的な1本だと言う事が出来ます。

実銃用スコープとしては普及価格帯で入手性も良い事から、お勧めの1本です。
価格:\61500(税込)
全長:268mm
重量:520g(同社 30mm用ミディアムマウントリング込)
チューブ径:30mm
倍率:1.25〜4.5倍
フォーカス機能:無し
フィンガークリック:エレベーション、ウィンテージ共にコインクリック
レティクル:デュープレックス+ドットタイプ
対物レンズ径:25.5mm
対物側チューブ径:30.0mm
接眼レンズ径:33.3mm
接眼側チューブ径:42.4mm
アイリリーフ:59〜105mm
瞳径:20.4mm(1.25倍時)〜5.7mm(4.5倍時)
内部コーティング:1.25倍時は反射無し、4.5倍時は輪郭のみ反射
対物側レンズコーティング:グリーン系コートと紫系コートの両面コーティング
接眼側コーティング:グリーン系とシーグリーンの両面コーティング