Bushnell YARDAGE PRO 4-12×42

HalQさんに取材させていただきました。HalQさん、ありがとうございました。

Bushnellから販売されている、レーザーレンジファインダー内蔵のスコープです。
今までレーザーレンジファインダー内蔵スコープは非常に高価な物しかなく、
一般ではなかなか手に入りにくい物となっていましたが、
このYARDAGE PROの登場により、一般でも入手しやすくなりました。

写真のスコープには、ACU柄のカモテープが巻いてあります。
また、G&Pのマウントを取り付けていますが、これは付属しません。
全体像です。
内部にレーザーレンジファインダーが内蔵されている為、
独特な形状となっています。
接眼ベル部分の画像です。
倍率は4-12倍と使いやすい範囲ですが、
パララックスフリーは100ヤードなので、近距離での使用にはあまり向きません。

視度調整機能も備わっています。
接眼ベル前方には、バッテリー収納部分があります。
バッテリーは3V電池(種類不明)を1個使い、
電池寿命は約5000回だそうです。
スコープ側面の画像です。
真ん中のボタンがレンジファインダー起動ボタンです。

下側にある部分は、リモートスイッチの受光部分になっています。
ノブはフィンガークリック可能なタイプで、
エレベーション、ウインデージ共に1クリック1/4MOAとなっています。
エレベーションノブには、様々なBDCノブが取り付け可能で、
8種類のノブが付属してきます。

BushnellのHPで、詳しい仕様がダウンロード可能です。
対物側のコーティングです。
全層マルチコーティングで、対物側は緑系のコーティングになっています。
接眼側のコーティングです。
こちらは緑のコーティングに、青緑が1枚混ざっています。
5倍で覗いてみた画像です。光学系はクリアで、かなり高い解像度となっています。
コントラストもあまりきつくなく、ナチュラルな見え方になっています。

レティクルはミルドットです。
レンジファインダーで前方の的紙までの距離を測ってみました。
このように47mとスコープの視界内に表示されます。

マニュアルによると30m〜800mの測定範囲となっていますが、HalQさんによると、18m位から測れるとの事でした。
ゲームや競技で使用するのに、非常に有効なスコープであると思います。
価格:\200000前後
全長:330mm
重量:680g
チューブ径:--
倍率:4〜12倍
フォーカス機能:フォーカス固定。視度調整機能有り
ノブ:1クリック1/4MOA
レティクル:ミルドット
対物レンズ径:42mm
対物側チューブ径:--
接眼レンズ径:????
接眼側チューブ径:????
アイリリーフ:最低約90mm
瞳径:10.5mm - 3.5mm
Field of view @ 100m:8.7m - 2.8m
内部処理:--
対物側レンズコーティング:緑系コーティング
接眼側コーティング:緑系コーティング+青緑系コーティング