Lynx P6.5〜25×50DT(D)

ストラトキャスターさんより、インプレ用にお借りしました。
ストラトキャスターさん、ありがとうございました。

Lynxと言う、南アフリカの光学機器メーカーから販売されているスコープで、
製造はケンコー光学が行っているようです。
ブラックホール TASCOブースにて購入したとのことです。

その倍率や調整部の細かさから、ターゲットシューティング用の
スコープと言うことが分かります。
Lynxのロゴでもある、山猫のマークが入っています。
ノブはTASCOが昔出していたAGシリーズそっくりのノブです。
エレベーション、ウインデージ共に1クリック1/8MOAで、
クリック感はかなりはっきりした物です。
何回転回したか分かるバーニアスケール付です。
レンズ保護は、バトラーキャップではなく
ねじ込み式のアルミ製キャップがついてきます。
フォーカス機能はフロントフォーカスで、
なんと2回転も回ります。
回転数に応じた数字が書いてあり、至近距離から遠距離まで
精密な調整が可能になっています。
パワーダイヤルは突起のついた回しやすい物で、
倍率は6.5〜25倍です。
エレクターチューブ保持にはコイルスプリングが使われています。
確実性を求めた選択だと言えます。
アイベルはスムースな形状で、
こちらもアイベルを回しての視度調整となります。
対物側のコーティングです。
一番手前のレンズにシーグリーンがかかっており、
後は緑系マルチコートでした。
接眼側のコーティングです。
こちらも一番手前がシーグリーン、後は緑系でした。
6.5倍で覗いていた画像です。
文句なしに鮮明で、建物の輪郭や木々の葉っぱまでしっかり見ることができます。
25倍にした画像です。下手なターゲットスコープよりも、遥かに優れた解像度です。
看板の文字の立体感や、鉄骨の1本1本まで鮮明に捉えています。
レティクルはファインクロスヘア+ドットで、ガラスエッチングレティクルでした。

色再現性
R:85.6%
G:87.6%
B:79.3%
透過率:86.1%
価格:不明
全長:375mm
重量:578g
チューブ径:30mm
倍率:6.5〜25倍
フォーカス機能:フロントフォーカス 視度調整はアイベルを回して調整
ノブ:フィンガークリックで、エレベーション、ウインデージ共に1/8MOA
レティクル:セカンドフォーカル ファインクロスヘア+ドット(オプションで入れ替え可能)
対物レンズ径:50mm
対物側チューブ径:不明
接眼レンズ径:不明
接眼側チューブ径:不明
アイリリーフ:102mm
瞳径(理論値):7.7mm(6.5倍時) 2mm(25倍時)
内部処理:不明
対物側レンズコーティング:シーグリーン+グリーン系コーティング
接眼側コーティング:シーグリーン+グリーン系コーティング