TR-X CROSS FIRE 3-12×44 IR

若花ださんに取材させていただきました。
若花ださん、ありがとうございました。

TASCOから発売されているTR-Xシリーズのフラッグシップモデルと言うべきモデルで、
エアソフトガンで使いやすいスペックに、イルミネーションレティクルを搭載しています。

写真はロングフード装着時の物で、ロングフードは付属します。
また、バトラーキャップは付属しません。
ノブが非常に特徴的で、不意に回らないようにロック機構が付いています。
NightForceの様な、攻撃的なデザインも魅力的です。

バーニアスケールタイプではなく、その場でぐるぐる回るタイプなので
現在基点から何周回ったか、と言うのは分からないタイプです。
接眼ベル部分の写真です。
接眼ベル左側面に、モデル名とスペックが記載されています。
倍率は3-12倍と高すぎず低すぎず、使いやすいレベルです。

パワーダイヤルも攻撃的なデザインで、ローレットではなく
切削による形状で滑り止め効果を出しています。
サイドフォーカスダイヤルがイルミネーションの起動ダイヤルを兼ねているのも
特徴の一つです。電池はCR-2032を一個使います。

イルミネーションを起動させるのに、サイドフォーカスが回らないように
指で押さえながら、イルミネーションの輝度調整を回さなければならないのは
ちょっとマイナス点です。

サイドフォーカスの範囲は15ヤードからと記載されていますが、
説明書にはm単位で使用してくださいとの記述が、、、
エレベーションノブのロックを解除した写真です。
回す為には、ダイヤルを上に引っ張る必要があります。

クリック感もしっかりしており、好感の持てる操作感です。
移動量は100ヤードで1クリック 1/8MOAと、エアソフトガンには
細かすぎる調整範囲です。
対物レンズのコーティングです。
緑系コーティングに、シーグリーンに似た青緑系のコーティングが入っています。
接眼レンズ側のコーティングです。
こちらも緑、青緑系のコーティングに、紫のコーティングが入っています。
イルミネーションを起動させた時の写真です。
レティクルはガラスエッチングレティクルで、ミルドットの部分のみが発光します。

レティクルはTASCOの独自規格ミルドットで、説明書によると、6倍時に100mでドット間隔が25cmになるとの事です。
3倍で覗いてみた画像です。
TR-X コマンダーの様に強烈に明るい、と言う印象ではなく、少し抑え目の明るさです。
その分目が疲れにくく、長時間除いていてもいい位のレベルになっています。

RGB透過率調査
R:92.2%
G:87.6%
B:85.5%
透過率:88.9%

ガラスエッチングレティクルの分、一枚ガラスが増えたせいか、TR-X コマンダーに比べると透過率は低めの傾向ですが、
それが功を奏し、自然な見え方のレベルに抑えられています。
12倍で覗いてみた画像です。
格子の一本一本まで鮮明に見え、解像度の高さが伺えます。

普及価格帯では、間違いなくトップクラスの性能を誇っており、NOVEL ARMSのSUREHIT HIDE7と非常に良い勝負をしていると感じました。
良いスコープを探している方に、お勧めできる一本だと思います。


*2008.7.18 注意*
LFCUさんから画像掲示板に報告がありましたが、レティクル脇に大ドットが付着した個体を購入されたようです。
この他に、ゴミのような物が付着していたり、ノブのロック部分の作りが甘かったりと、結構悪い点が報告されています。
購入されるにあたり、注意してください。
価格:\31290(税込み)
全長:368mm
重量:760g
チューブ径:30mm
倍率:3-12倍
フォーカス機能:サイドフォーカス&視度調整
ノブ:エレベーション、ウインデージ共に1クリック1/8MOA
レティクル:TASCO規格 ミルドット
対物レンズ径:44mm
対物側チューブ径:????
接眼レンズ径:????
接眼側チューブ径:????
アイリリーフ:????
瞳径:14.7mm(3倍時)、3.7mm(12倍時)
内部処理:????
対物側レンズコーティング:緑系コーティング、青緑系コーティング
接眼側コーティング:緑系コーティング、青緑系コーティング、紫系コーティング