かいへいたいのすこーぷ製作記

先日行われたKYL祭りのパッションが冷めやらず、
「なんか作りたいな〜」と言う思いと、「来期はUSMC装備かな〜」と言う
サバゲでの考えが一致し、パチUnertlを作る事にしました。

ベースとして白羽の矢が立ったのは、マルイPSG-1についてくる
純正4倍スコープです。

Unertlはショートライフルスコープをベースにした方が
フォルムも綺麗に纏まるのですが、ショートライフルスコープ自体が少なく
求めるスペックに応える物が無かったので、
弄りやすいTASCOスコープをベースにすることにしました。

まずはスコープを全分解します。
不活性ガス?イッタイナンノコトヤラ、、、
まずは、特徴でもあるエレクターチューブを作ります。
エレクターチューブ周りにエポキシパテをこれでもか、と言うくらい盛ります。

今回、エレクターチューブ周りとアイベル周りにエポキシパテを使いましたが、
セメダイン社の金属エポキシパテを全部で3本使用しました。
次に、回ってもらいます。
エレクターチューブ周り、アイベル周りを画像から起こした図面を基に
削っていきます。

パテなので、サクサク削れて作業はスムーズに進みましたが、
切り粉の処理に膨大な手間がかかりました(笑)
次に、最大の特徴でもあるエレベーション、ウインデージノブを作ります。

これはφ35mmのジュラコン丸棒から削りだしで製作しました。
本来、エレベーションノブには微調整ノブがついていますが、
一体で削りだし、無稼動としました。
削りだしたノブを本体に取り付けてみたところです。
この段階では、まだ全体的なイメージはつかめません。
エレクターチューブのR面は、ヤスリ1本手加工で仕上げていきます。
スが入った部分はポリパテやラッカーパテで埋めて仕上げます。

PSG-1用スコープのチューブはチューブ径が25.9mmと、
若干太いので、これも削って25.4mmに合わせました。
エレベーション、ウインデージノブを取り付けるためのピラーを作ります。
純正ノブにタップを立て、ジュラコン丸棒から作ったピラーを装着します。
固定はM4キャップスクリューで行います。

エレベーション、ウインデージは実物同様、ロックネジを緩めて
六角レンチを突っ込んで調整、再びロックネジを締める方式を取りました。

ノブのセレーションはフライス&ボールエンドミルでつけます。
本物はかなりRが大きいのですが、そこまで大きな刃物を持っていないので
R6の刃物で仕上げています。
微調整ノブについている突起は、アクリル四角棒から作りました。
これをノブにはめ込んで、難接着素材用の接着剤でくっつけます。
こんな感じになります。
だんだん、それっぽい形になってきました。
アイベル部分のローレットは、家具用滑り止めゴムを流用しました。
合わせ目の処理がうまく行ってませんが、見なかったことにしてください(爆)
レティクルもミルドットにしたいので、
TASCO Gスナイパーのレティクルを外して比較してみたところ、
互換性があることが判明。流石、同じTASCO製です。

ミルドットはTASCO規格のミルドットで、
4倍時、50m先で1ドット間隔が10cmになります。
ゲームやシューティングでは、非常に使いやすい規格です。

ちなみに、接眼レンズアセンブルも互換性ありでした。
光学系を組み込みます。
Unertlは対物ベルが長いので、これもGスナイパーのフードを流用しました。

接眼ベルは、接眼レンズアセンブルを組み込む関係と、
元のスコープの形状制約で、実物より約20mm長くなっています。
接眼側のチューブも実物より長く、半分より後ろが妙〜に長い物になっています。
塗装します。

塗料はトビカ トップガード マットブラックを使用しました。
U.S.OPTICS社製のUnertl、MST-100はガンブルーチックな色合いで再現が難しいので、
パーカーっぽい色合いのUnertl社10Xの色をイメージして塗りました。
刻印類を彫るのは自信が無い(笑)ので、いつものステッカー作戦で行きます。
ペイントソフトで、それっぽいステッカーを製作します。
エレクターチューブのロゴも忘れずに作っておきます。
ロゴはUnertl社のロゴに海兵隊納入品であることの証でもある
USMC SNIPER、シリアルナンバーは自分の車のナンバーです(笑)
ステッカーはPLUSの超耐水光沢フィルムラベル ホワイトを使用しました。
フィルムラベルタイプのステッカーで、強い粘着力があるので愛用しています。
一応、色調補正をしたのですが、なぜか本番で色調が合わなくなりました(汗)
始めに作ったステッカーは、このように全然色合いの合わない物になりました。
アイベルが長いので、バトラーキャップで隠して誤魔化します。
こんな感じになりましたが、ステッカーの色調が合わないので、
ステッカーを作り直しました。
最終的に、こんな感じになりました。
なんとなくUnertlっぽいスコープの完成です。

これにM40A3やマウント類の小物を合わせて、
USCMスナイパー仕様にしてみたいと思います。