第1回エクストリームレポート

去る2005年10月22日、23日に行われたエクストリームのレポートです。
今回はKTW社長、和智香様をゲストに向かえ、総勢10名でのチャレンジです。


前日の飲み会編

10月22日の夜から、会場のある青森県外ヶ浜町で飲み会が行われました。
私は仕事で残念ながら途中からの参加となってしまいました。

ロッジに着いたときは、既に凄い盛り上がり様でした。
今回のスペシャルゲスト、KTWの和智香社長です。
(写真がブレてしまいました。申し訳ございません)

エアガンの設計から、この業界に纏わる様々な裏話等、
とても書き切れないほどの濃いお話を聞くことが出来ました。
若さんのブレイザーを堪能中のPMさん。
一晩中、みんなに撫で回されていました(笑)
ロッジ名物、トチローさん&ルガーさんによるフォーム教室です。
(フラッシュを焚いていない為、トチローさんがデンプシーロールしちゃいました)

こちらはADAさん@ルガーさん監修です。
ルガーさんの構えが非常に美しいです。
現役実銃射撃競技選手のフォーム講習は非常に為になります。
先日行われた、関東スナイパーチャレンジの動画も見ることが出来ました。
この他にも、色々な銃器関連のDVDが常に流されていました(^^;
優勝カップ@若さん。
この後、とんでもない事態に!?
上は若さんの電磁SR25、
下はKTWの次期新製品、ウィンチェスターM70の試作モデルです。
この他、会場はとてつもない量のネタで溢れ返っていました。
ルガーさん持参のMGC製品ポスター&取り説です。
これだけの量、凄まじい価値があると思うのですが、、、
ストラトさん持参のカニを食すADAさん。
発泡スチロールの大箱一杯のカニは、一瞬で無くなりました(笑)
そして深夜、最終的に残った数名で、朝の4時まで爆裂トークです(死)
翌朝、一番で撮ったM70の写真です。
各部の出来は、もはやトイガンの領域を超えています。
今回のエクストリームで、その実射性能の高さを見せつけられました。

正に、究極のリアルさと命中精度を兼ねそろえた一丁です。
ストックはウォールナットで、今までに見たことのない
綺麗なチェッカリング&木目、色調でした。

マガジンは独自のカセット式で、実銃のマガジン位置から装填します。
機関部は絶妙なクリアランスに調整されており、
シリンダはガタも無くスムーズに動きます。
スコープはLEUPOLDのVARI-X U 3〜9×40が乗っていました。
機関部はガンブルー調の仕上げです。
翌日の23日、いつもの会場で競技開始です。
今回は30mチャレンジ、10m三姿勢、ストラックアウト、シュートオフの4競技で
それぞれ点数を振り分け、合計得点で勝敗を決しました。
今回の景品の数々です。
和智社長から、KTW製品を幾つか景品として提供していただきました。
本当にありがとうございました。
その他には、スポーツガンガイドブック、マルゼンP99FS、MPガバ等
豪華景品が盛りだくさんです。

中には南奥州名物のアレが、、、
PMさんがチューニングしたKTW L96を試射する和智社長です。
30mチャレンジ時の風景です。
人数が多いせいか、いつもの何倍も荷物があります。

射座には、最近流行の卓袱台レストが幾つか見えます。
トチローさんの30mチャレンジです。
フォームがビシッと決まっています。
若さんのチャレンジ風景です。
単発記録日本一のブレイザーは、今回も咆哮を上げるのでしょうか?
こちらはルガーさんの射撃風景です。
ルガーさんのVSRには、エアライフルの様に
沢山のステッカーが貼られていました。
競技直前、ADAさんのEXにトラブル発生。
総動員で修理にあたりましたが、残念ながら復活なりませんでした、、、
お昼休みに、TimmさんのショウエイMG42が登場しました。
超ド級エアガンの登場に、会場中が盛り上がりました。
リコイルを堪能中のルガーさん。
こんなに大きなエアガンなのに、ガンガンリコイルが来ます。
先日発売されたばかりのKTW 99式狙撃銃も登場です。
専用スコープも装着されていました。

30mのグルーピングは下の的紙通り、非常に良く当たります。
同じく、M70も30mで160mm前後と、トップクラスのグルーピングです。
10m射撃中の風景です。
私は、ダットが大きすぎる上に、30mからの移動量調整を誤り
立射0点と言う笑いたくても笑えない結果に、、、orz
ルガーさん&トチローさんの10m射撃です。
フォーム綺麗過ぎ〜(^^
トチローさんはピストルスコープを使用したスカウトスタイルです。
通常のスコープと比べ、非常にサイティングし易いのが特徴です。
和智さん&PMさんの10m立射です。
今回、PMさんは10m三姿勢で凄まじい点数を叩き出しました。
来年、一緒にAPSカップ行きませんか(^^;
ブレイザーはどのアングルから見ても格好よ過ぎです。
競技用ライフルの流れを組むデザインなので、
凄く撃ちやすそうです。
続いてストラックアウトを行いました。
チャレンジする人により、凄まじい野次が飛び交います(笑)
チャレンジ中のPMさんです。
隣から高橋さんの野次(怪しい歌)が飛びまくりますw
撃沈中の若さんw
若さんに対して、最も効果のある野次は「沈黙」(爆)

シュートオフの写真も撮ろうとしたのですが、
丁度バッテリー切れになってしまいました、、、
同型機種を持っていたADAさんからバッテリーを借り、
最後の表彰式を撮ることが出来ました。
最後のシュートオフで大逆転が起き、ストラトさんが優勝しました。
和智さんから提供していただいたランダルオクタゴンをゲットされました。
2位は若さんです。
残念ながらスナチャレとのワンツーフィニッシュはなりませんでした。

ゲットされた賞品は、、、南奥州でおなじみのアレです(笑)
3位は高橋さんでした。
KTWスパスと、最後のジャンケン大会でマルゼンP99FSをゲットされました。
今回、最も豪勢な賞品を入手されていました。
4位はADAさん。
ルガーさん提供のマルシンミリポリをゲットされました。
ADAさん、化石銃再生道へいらっしゃいませw
5位はPMさん。
賞品はADAさん提供の、、、

表彰式の後、少しですがフリー射撃タイムとなり、
各々、KTW社の新製品や気になるあの人の銃を撃たせてもらったりしていました。

競技内容や進行に不備があり、多大なご迷惑をおかけいたしましたが、
皆様のおかげで無事、第1回を終えることが出来ました。
次回はますます盛り上げられるよう、今から案を練っていこうと思います。
参加された皆様、本当にお疲れ様でした。

以下、今回撮った写真です。