第3回 エクストリーム レポート

今回で3回目のエクストリームですが、
今回は関東から狙撃万歳組が選手として参加、
さらに遠くは富山県からも1名参加され、異常な盛り上がりを見せました。

今回のエクストリームは1日目が室内30mでのフリー射撃、
夜は懇談会と続き、翌日に初となる屋外競技を行いました。
朝9時に会場を開け、各自で銃の調整やデータ取りをされていました。

この会場は以前から「記録が出ない」と言うジンクスがあり、
今回も突出した記録は出ていないようでした。

どうも会場の通風孔や老朽化による隙間の影響で
微妙に空気が動いているっぽいです。
PMさんのS&Bスコープと「ユナートル」をチェックする参加者の皆様です。
今回会場には有名どころの光学機器がずらりと並びました。
現地で銃の組み立てを行っているのはLUNAさんです。
さりげなく下に敷かれたガンケースに目が行ってしまいます。
LUNAさんのスポッティングスコープです。
全層ミルク&砂糖のカフェオレコーティングで
すっきり爽快な飲み味を誇ります(笑)
射撃中のLUNAさんを盗撮するPMさんを盗撮する管理人(カメラマン)
東北の射撃会では、すっかり名物となった構図です(笑)
午後になりhiroさんも合流されました。
今回、なんと富山から参加されました。
終了間際、お互いの銃を試射させてもらいました。
色々なフィーリングを味わうことのできる、
射撃会ならではの貴重な一時です。
秋も深まり、東北では実りの秋を迎えています。
先日、南奥州会場でS&B PMダケの生息が確認されましたが、
今回津軽会場でもハリスダケが確認されました(笑)
体育館を後にし、恒例のロッジ懇談会(通称ナパーム)を行いました。
今回は簡単な焼肉とおつまみのあっさり系です。

後半食料が足りず、15km先のコンビニまで買出しに、、、
チャンバーを分解する若花ださん。
構造やパーツを披露して、それについてディスカッションを行うので
お互い、良い情報交換の場となります。
暗闇スコープ覗き隊の皆様です。
ハイエンドスコープで、月明かりの中、様々な物を見て唸ります。
左からS&B、LEUPOLD、NightForceとスナチャレスコープ勢ぞろいです。
翌朝、朝食中の一コマです。
朝食のおかずはPMさん仕込みのブルーイングガバで決まりです。
屋外競技会場へ向かう途中、今回参加できなかったADAさんから
「祝い」の画像付きメールが届きました。

コンビニに寄った時に回し見したのですが、
背後の電柱の上には沢山のカラスが…
会場に到着し、準備に入ります。
まずは小一時間試射タイムを取りました。
10mおきに50mまでターゲットを並べます。
試射に入ると顔が「マジモード」になります。
若花ださんの新兵器「ケストレル3500」です。
(ハイドカップDVDで参加者が使っている風速計です)

1台で風速や温度、湿度など様々な計測ができる優れものです。
これを銃の横にマウントして、TUBB仕様になっていました。
第一競技はKYL (Know Your Limits) です。
10mから順番に撃ち、2発以内に当てられたらその距離はクリアとなります。
最長50mで、得点は距離×10点、最高500点となります。

的の大きさは10、20mが直径15cmのプレートで
30〜40mはスティールチャレンジに使うレクタングルターゲット
(B4以上A3未満の大きさです)
を使用しています。

ストラトさんとhiroさんが50mをクリアしました。
詳細は競技結果で。
第2競技 Five Dot Drill

ハイドカップのアレです。
スタートの合図と同時にプローン姿勢に移行し、
5秒以内に1発撃つという動作を5回繰り返します。
1つの的に付き1発撃ち、当たると100点、満点で500点となります。
第3競技 ムービングカオス

これもハイドカップからいただきましたが、
ムーバーが製作できなかった為、射手に満遍なく動いてもらいました(笑)
ターゲットは10m、15m、20m、25m、30mに配置されており、
それぞれA〜Eまでの番号が振られています。

当日朝、参加者全員にくじを引いてもらい、撃つ順番と姿勢
(プローン、シッティング、ニーリング、スタンディング)
を決めてもらいました。

レンジオフィサーが支持する中、90秒以内に順番に的を撃ってもらいました。
チャンスは1つの的につき2発までで、初弾が命中すれば100点、
2発目で80点、外すと0点です。満点は500点です。
第4競技 BHD 〜ヘリコプター強襲課程〜

キチガイ競技第1弾です。
的は5m(直径8cm)と30m(レクタングル)で、
揺れる車の上からそれぞれ5発ずつ撃ってもらいました。
点数は1個につき50点、満点で500点です。

当初、揺らす人は私と高橋さんでしたが、
だんだんエスカレートし、人によってはほぼ全員で揺らされ、
神輿でワッショイ状態になっていました(笑)
最終競技 シベリア超特急

ガンジニア戦闘車両(ワゴンR)に乗ってもらい、
ゆっくり走る中でリード、バックリード射撃を行います。
行きと帰りで5枚ずつ、合計10枚のターゲットを
揺れる車内から撃ってもらいました。

1枚につき50点、合計500点となります。
優勝は伏兵イナゴストライクことストラトキャスターさん。
なんとエクスト3連覇です。
向かう所敵なしの癒し系ちゃっかりスナイパーです。

今回の目玉、TANGOストックレプリカをゲットされました。
2位は富山から参加されたhiroさん。
なんと1位と10点差という、超接戦となりました。

今や貴重品となったSPG弾をゲット。
3位は南奥州で東北勢を火達磨にしたLUNAさん。
惜しくも東日本全制覇はなりませんでした。
こちらもSPG弾をゲット。
競技終了後、参加者の銃を回し試射しながら
座談会となりました。
お互いパッションの補充となり、様々なアイディア交換が行われていました。


写真は若花ださんのセミオートSRを試射するKAKIさん。
今回の参加者の銃。
いつもの射撃会の集合写真と違い、銃が殺気を放っています(笑)
全体的にAI系ストックが多く、ミリタリーテイストな銃が
圧倒的多数を占めました。
各距離に対応できるようにストックにメモ書きをしたりと、
参加者それぞれ工夫を施されていました。
AI系ストック3兄弟。
奥からKTW L96A1、マルゼンType96、サンプロM40と
同じAI系でも、それぞれ個性が光っています。
今回は初の屋外競技となりましたが、
参加者の皆様に楽しんでいただけたようで、
うれしかったと同時にほっと胸をなで下ろしました。

今後もこのような交流の場を提供していけるように、
開催側も努力していきたいと思います。

今回は遠いところ、ありがとうございました。
次はこちらから遠征したいですね(^^


競技結果、参加者プロフィール、写真館はこちらです