山形KYL祭り 2008.9.13 14

今回も毎年恒例、山形KYL祭りに行ってきました。
今回青森組は高橋さん、F井さん、私の3人での参加です。
一路、国道7号線を南下して、約360km離れた山形を目指します。
所要時間は約6時間と言った感じです。
F井さんの東京土産で、アクセス扱いのACUタイプサングラスをいただきました。
F井さん、ありがとうございました(^^
今回の合体ネタ(爆)
日も暮れて、山形に近づきます。

地図印刷したからバッチリ!と思っていたら、見事に遊佐町で迷いました。
その後、若花ださんに迎えに来てもらって、何とかロッジへ到着。
ロッジには既にHalQさんとストラトさんが到着していました。
全員揃ったところで、乾杯となりました。
HalQさん作のスープ餃子。反則的な美味しさです。
フランクフルトを食べる主催の若花ださん。
「銃出しましょうよ」
の一声で、ずらっと並ぶ参加者達のライフル。
この後、ばらしたり機構説明をしたりで大盛り上がり。
銃口からファイバースコープを入れて弾の保持を確認する若花ださん。
このファイバースコープ、凄く見えます。
BB弾をパッキンがどう保持しているか、一目瞭然です。
「伸び弾道って結局○○が正体なんだよね〜」
「ホップの方式は××で、支持は△△が、、、」
「結局、命中精度ってアレが全てだって確信したポ」

命中精度会の裏話や理論の討論会で盛り上がっていきます。

聞きたい方は是非!参加を(爆)
ドラッグバッグを背負うストラトさん。
爆沈するストラトさん。
HalQさん特製のハイキャパを持つF井さん。
アキュコンプに神グリップ、ハンマーシア交換にBED40搭載と
フルチューンされたハイキャパです。
結局寝たのは4時前で、起床は7時半でした。
すっきりさわやかストラトさん。
一番寝てました(笑)
ゆっくりして、9時半頃会場入り。

荷物を展開して、すぐさま射撃体勢に入ります。

写真は特製HalQライフルを試射するHalQさん。
M24の準備に入るF井さん。
私は今回の一番の目的であった「パカ山クラフト φノズル」のテストの為、
ストラトさんのSCAR-Lでデータ取りを行いました。
結果は別途レポートで、、、
轟沈するストラトさん。
場所をレスト台に移して射撃をするHalQさん。
食事中の若花ださん。
APSって言ってたアレが、まさかあんな怪物だとは、、、
データ取りを行う高橋さん。
なんと、30mチャレンジ一発目から平均100mm切りを達成!
史上初、VSRでの平均100mm切りを果たしました。
HalQさんリクエストのAPSムーバー。
しかし、距離は20mと倍!
30mチャレンジが一段落した後、待ちに待ったKYLです。
KYLとは、「Know Your Limit 己の限界」と言う意味で、
我々の間では、超長距離射撃の事を指します。

詳しい距離は秘密ですが、規制値内の初速でふぬわmを撃って、
10発をA2用紙に叩き込みます。

完全無風KYLが出来るのは、ここ山形会場のみとなっています。
別アングルから高橋さん。使用するのはゲーム用VSRです。
独自のホップシステムを組み込んであり、
0.8Jちょっとで、まともじゃない有効射程距離を誇ります。
全員でKYL的当てチャレンジ!
別アングルから若花ださんとF井さん。
今回、二人にライバル関係が結ばれました(笑)
こちらは高橋さん、ストラトさん、HalQさん。
KYLが終わった後は、みんなマッタリ話をしたり、人の銃を撃たせてもらったりと
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

楽しい時間を提供していただいた若花ださん、参加者の皆様、お疲れ様でした!