MGC M92F固定ガス

サイクロンバレルを搭載した固定ガスモデルです。
マガジンに垂直に配置されたバルブをファイアリングピンを介して
打撃する方式で、トリガープルが非常に軽いのが特徴です。

固定ガスとしては十分現用で通用するポテンシャルを持っています。
ピンボケになってしまいましたが、
ファイアリングピンがライブで、この打撃をバルブノッカーを伝って
バルブを垂直に叩きます。

この個体では、ファイアリングピンが磨耗した為、
バルブ打撃量が不足していて、とりあえず発射されるものの
飛距離2mとかなりショボイです。
とりあえずファイアリングピン新造から取り掛かりたいと思います。
2005/11/4

ファイアリングピンを真鍮で作り直しました。
潰れた形状から延長し、11.4mmの長さで作りましたが
それでも5m飛ぶのがやっとの状態です。
そこで、もう1mm、真鍮棒をはんだでハンマー側にくっつけて延長し、
全長を12.4mmとしました。

そのままでは組み込めないので、ブリーチのハンマー側に加工して
後ろから入れるようにしてあります。

これで、SS0.25g使用、65m/s前後まで出ました。
初速は十分出ましたので、今後ホップ回りを作っていこうと思います。