MGC ルガースポーター

MGCの名機とも呼べる、ルガーシリーズのスポーターモデルです。
中身はノズル前進型の固定ガスガンで、高い発展性を備えています。

今回は命中精度アップ系チューン、ホップ新造を依頼されました。
ノーマルバレルが外径9mmの為、
マルイ電動用TNバレルをベースにバレルを製作しました。
使用したのはM4用363mmのTNバレルです。
ホップはオールシーズン対応でき、補修も容易なOリングホップです。
気密パッキンはWAのガバ用チャンバーパッキンを流用しています。
Oリングの下にスペーサーを挟むことにより、
ホップの強さを変えることが出来ます。
写真はシリコンチューブの切れ端を挟め、SS0.25g対応にしてあります。
何も挟めないと、0.2gで落ち気味の弱ホップになります。

初速は気温26℃、SS0.25g使用で約83m/sです。
レシーバー固定用のねじが全て馬鹿になっていたので、
プラリペアを使用してねじ穴を作り直しています。
サイレンサはKSCの物らしく、最初内部にバッフルが入っていましたが
あまり音が消えないので、メラミンスポンジを切り出した物と
マルイSOCOM専用サイレンサの中身を流用して
消音効果を上げています。