G-HOPの構造と作り方

G-HOPとは、小さな抜弾抵抗を長距離に渡ってかけ、
初速ロスを少なく効率よく回転を稼ぐ高効率ホップとなっています。

通常のホップは突起で弾を保持し、回転をかけますが
G-HOPはホップ窓のほぼ全てにスピンシートを貼り、
BB弾と触れるフラットで長いパッキン面を作り出しています。
これにより、弾を弱く保持してもしっかり回転がかかります。

弾の保持は緩いほうが当たる傾向にあるという
30mチャレンジのデータと試作品からのフィードバックです。

今回はマルイノーマルパッキンを使った
G-HOP Type タフネスの石岡流Gen3 G-HOPの製作を紹介します。
まずはマルイパッキンの先端部分を、ホップ窓と同じ幅に切り取ります。
これがスピンシートの材料となります。
まずはホップ窓両脇にかさ上げのスペーサーを作ります。
そのままシートを貼るとホップが強すぎるので
パッキン1枚分、かさ上げをします。

しっかり脱脂して、瞬間接着剤で貼り付けます。
その上から、メインになるスピンシートを貼り付けます。

パッキンの裏側が、必ずバレル内部を向くようにします。
ポイントはホップ窓先端とスピンシートに隙間を空けることです。
これをやらないと、弾が通過する時にパッキンを巻き込み
グルーピングが大荒れになります。
完全固着したら、バレルと面一になるように
はみ出した部分を切り取ります。
このスピンシートが全体的に下りてくるので、
BB弾が写真の位置にあってもパッキンが保持することが出来ます。
ある程度ノズル長が変わってもしっかり弾を保持するので
G-HOPの特徴でもある命中精度向上に繋がります。

これが「ノズル長の自動補正機能」です。
次に、被せるパッキンを加工します。

内側に出ているホップの突起をカッターでフラットに切り落とします。
これが一番難しい作業です(笑)
こんな感じでOKです。
これを被せれば、バレル側は完成です。
次に保持パーツを作ります。

パッキンを面で押す必要があるので、タミヤのプラ△棒を使い
面押しパーツを作ります。
ファイアフライのなまずを使っても良いかもしれません。

面で押さないと、G-HOPは真価を発揮できません。
こんな感じでチャンバーに収めます。
そのままではホップが強すぎるので、適度に
クッションゴムの収まる部分を削り、突き出し量を調整します。
こんな感じで、ごく小さな突き出し量でも強ホップをかけられ
高効率の低伸弾道を生み出せます。

色々工夫してみてください。